好きです、日本グルメ 第3弾 倉敷「デミカツ かっぱ」

- 好きです、この日本グルメ!

ニュージーランドに落ち着きだす頃、禁断症状が…
う~ 日本のあれが食べたい~

まだ早いでしょう!って、この頃がつらい。
すぐに食べられるとわかれば我慢ができるというもの。

ですが、しばらく無理!とわかっていると。
本当に日本より南極の方がよっぽど近い所にいるのに…
煩悩のかたまりよ。。

日本グルメシリーズ 第3弾。
このシリーズ、書くのは好きなんですが、なぜにニュージーランド在住者が日本のグルメについて書いているのか、いまいち自分の中で納得がいっていない。
こんなん日本の人々が読んで何の意味がある。もっとニュージーランドの情報を書かんかい!とお叱りの声も聞こえるような気がします。

でも、なぜかニュージーランド情報より多くの方に読まれているような雰囲気が(笑)
これでよいのでしょうか?
まぁ、いいかぁ。書いてしまおうぞ!

倉敷の街、そして大原美術館も好きなのですが、何よりもここです。
倉敷、そこは新大阪からさほど遠くもない。時間も1時間半ほど。
日帰りは余裕でこなせる距離にあります。

倉敷美観地区につながる昔ながらの商店街に。
デミカツで有名すぎる「かっぱ」があります。

私はここの、たっぷりデミグラソースがかかったカツがめっぽう好き。
倉敷といえば、かっぱ。
かっぱのついでに大原美術館。(大変失礼しました。)

いつも開店の30分ほど前に到着をして並ぶ。
そして開店と同時にひとり入店。当然にカウンター席。
しず~かに、ひとりたたずむ、カツを待ちながら…

このカウンター席から眺めるキッチンの様子がカツ同様に好きなんです。
いつも中心となって店の動きを見極め、中心となって働くひとりのお姉さん。

このお姉さんの働きっぷりが何とも男前!
ごめん、でも「男前」という表現がピッタリ。(スラリとした美人さんです。)
キレよく指示を出し、カツや揚げ物、ハンバーグを料理する、こなしていく様は、何とも惚れ惚れ。

製造していくって、やっぱりいいな~
あ~、カッコいいわぁ~

と自分が働く姿も、あ~ならんもんかいなぁ… と憧れながら、よくよく思い出すんですね。

このブログにこれから登場する日本のグルメも、味は当然ながらそれと一緒に思い出す風景が好きな所かと。

まぁ、かっぱのお姉さんも年に1度ほどのお客さんのことは覚えていないのは当たり前。
でも、まさかニュージーランドから楽しみに来ているとは思っていないかと。

それがどうした、といえばそれまでのこと。
ただのお客さんのひとりであります。

日本にいても、世界にいても、自分の仕事を思い出してもらえるようになりたいものです。

まったく、デミカツの味についての語りがない!?
口コミにもならない?
あんなん、味覚なんて本当に人それぞれ。
ワイナリー・ツアーをしていても、つくづく思うことです。
いかにその時を楽しんでいただけるかが大切だと思いますよ。

何はともあれ、味?
そんなん、美味しいに決まってるじゃないですか(笑)
是非、お試しあれ!

神戸に住む同期のあんた、転勤前に行っておきなさい!(笑)

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント