ニュージーランド帰国前、名古屋を攻める

- 日本帰国生活

さてさて、本拠地の新大阪を離れ、東へ向かう。

新大阪、新幹線ホームから徒歩10分もかからない所に本拠地を構えながらも、バスにて名古屋へ。
スーツケース大きいし、お値段は新幹線の1/3。バスでも仕事しなくてもいい贅沢さに8割方の時間は熟睡。

名古屋といえば、人生で5年は住んでいた所。幼稚園の一つも、中学時の進学塾も、そして高校も名古屋。
地元の一つと言ってもいいぐらい。

でもいつも来る度に感じるのですが、どうもフィットしない…
高校時代に絶対名大なんか行かない!と思っていた若き頃の自分にも納得してしまう。
名古屋の企業への就職も内定いただいて選択肢にあったのですが、さっぱり乗り気なかったですし。

地下鉄乗っても、30年前と一緒で、あの薄暗さは何とかならんものでしょうか。。

名古屋って活気が感じられない、ニュージーランドでいうとクライストチャーチ(暗いですチャーチ)のような感じ。

と文句垂れてますが、自分は根っからのドラゴンズファンでもあり、名古屋飯は大好物!
もしかして活気がないのは、ここ数年のドラゴンズの弱さもあるのか(涙)

気を取り直して飯じゃ!

ちょっと今回は鹿児島ですっごいトンカツをいただいたので、いつもの矢場とんはパス。
ひつまぶしも鹿児島で美味しくぎるうなぎをいただいたので、これもパス。

で、地下鉄1日乗車券購入して栄に移動。
そして名古屋人の友、「寿がきや」のラーメンです。
誰もが知っている、昔は普通のラーメンが200円もしなかった。(って明治や戦前の話ではないです)
ラーメンだけではなく、なぜかみんなここのソフトクリームが好きで、ラーメンとソフトクリームの注文がやたら多い。

この白い少し甘みと優しさを感じるスープは変わらず美味しい。
いつも思うのですが、出来立てより少し冷めてからの方が旨味を感じるような。

お腹いっぱい、そしてせっかく1日乗車券買ったので、熱田神宮さん。
栄から地下鉄名城線に乗ってと。お~全然記憶にあるぞ。

「名港線にお乗りいただき、誠にありがとうございます。」
あれ、名城線は名港線に名前が変わったのか~
えっ、知らん駅を通過?げっ知らん間に名城線から名港線なる線に乗り込んでる!
金山で乗り換えが必要だった(涙)

ちゃんと名古屋もアップ・デイトが必要。

ほぼ30年ぶり、といっても神社ですので、そんなに変わりません。
韓国人旅行客が多くバスで訪れていたのは不思議。
でもカップジュース飲みながら、鳥居の真ん中を会釈もなしにカッポするのはやめなさい。
添乗員、そのぐらい教えろ!タワケ!このぐらい言ってもいいでしょう。

10円でごめんなさい。しながらご挨拶して、御朱印いただいて。
絵馬少しみたら、合格祈願ばっかり。さすが学歴社会の日本は大変ですね。

そそくさと名古屋駅に今度は地下鉄の路線も間違えずにもどりました。
地下街にむか~しからある立ち食い、「大須きしめん」を詰め込みます。全然お腹空いてないけど。。

ここのきしめんは昔と同じく出汁が美味しい。でも「住よし」より麺が硬めで好みとちと違う。
少しお高めながら、やはり出汁とかつお節の香りが嬉しい1杯。ごちそうさまでした。

ニュージーランド帰国に向けて、東へ。
とても贅沢ながら時間がないので、のぞみで品川移動です。

旅行の話をする時、よくよく日本の方から質問されます。
「それは遊び?」

すみません。正直、毎回非情に大きな違和感を感じます。

こういうノマド的な生き方、仕事をしていると、日本であれ世界であれ、100%仕事とか100%遊びの旅行とかそういう感覚は皆無なんです。
ツアー業務でない旅行でも、視線や思考は常に将来に向けてのアップデイトであり準備でもあり、知識の追加。
特に日本でも世界でも行ったことがない所に行く場合は、この感覚が強くなります。

経験1回と2回の差は1回、経験0回と1回の差も1回。
同じ1回の差でも、どんなことであれ、これには限りなく大きな違いがあると思っています。
その経験1回したことには失敗なんてありません。たとえその時に結果がよくない経験でも、その後に大きくそれが良い方に影響すると信じてます。
だから、迷ったらやってしまえ!何言われても、やったもん勝ちです!(笑)

でもいつかまったく仕事のことを考えずに、バックパック背負ってヨーロッパをゆっくり旅してみたいな~
「セーヌ川で野垂れ死に!」
これ、いっつも妄想する理想(笑)

「旅は私の人生だからね」
なんてぇなぁ… (いかりや長介風で)

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント

  1. おもしろい❗️\(^o^)/
    ではまた~✌️

    0