さあ、始まった!ラグビー ワールドカップ

その日の日記
6+

9月20日(日)、初日の日本対ロシア戦です。
ガチガチ、ミス続きの前半を超えて、何とか勝利を収めた日本。
日本での日本戦をニュージーランドで観るのも何とももどかしい。
いつもニュージーランドでのラグビーを観戦しているので、スタンドの静かさが何とも不思議な感じがしました。

次戦のアイルランド戦は、苦戦が当然のように予想されるので、何とか食らいついてほしいものです。

9月21日(土)、フランス対アルゼンチンという、凄いマッチメイクが始まってすぐにあるとは何とも贅沢。
このゲームを日本で観戦を出来た方はとってもラッキー。
凄く楽しく素晴らしいゲームでした。
フランスの勝利も、アルゼンチンの追い上げはこれぞガチのワールドカップというゲーム。
同じグループにイングランドがあるなんて、アルゼンチンにはツライ状況になってしまいました。

さてさて日本との時差は3時間、夜9時半にキックオフ。
日本でのニュージーランド対南アフリカをニュージーランドで応援。
これまた不思議~な思いです。

オールブラックスのハカ、その最中に南アフリカサポーターが何かを大合唱していたことには、何とも腹だたしい!

土曜の夜といえば、うっとうしいほどに賑やかな週末のニュージーランド。
今宵は静か、車の流れる量も少ない。。

みんな家やスポーツパブで観戦です。
ニュージーランドが世界にアピールできる時間。
人口500万人にも満たない小国が、オールブラックスを通じて存在感いっぱい。

それにしても、おおらかいい加減なkiwiなのに、オールブラックスとなるとサイズで劣る南アフリカに押されまくられても冷静なゲーム展開。
こんな緻密で静かに耐えるkiwiは日頃見ることはありません(笑)
スコアを見れば、ちゃんとリードをして前半を終え、そして結局しっかり逃げ切っております。

大変失礼ながら、グループリーグの時間はまだまだニュージーランドは前回大会同様に大人しい。
間違ってもグループリーグで負けることもないと国民が信じ切っています。

そして、フランスやイングランド、そして宿敵オーストラリア戦となれば、国全体が燃え上がります。
その時までエネルギーをじっと貯め込んで…

今回のラグビーワールドカップ、わたしはニュージーランド、そして日本、これまたニュージーランドで楽しむことになります。
決勝は、ニュージーランドにてオールブラックスの勝利に酔いしれる時。

それまで日本をしっかり応援、そして世界のラグビーを楽しみます!

ただただニュージーランドに住んでいるだけなのに、なぜか上から目線の文章ですね。
何も自分自身では誇るものもないので、こんな時ぐらいお許しください(笑)

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント