日本帰国前に、シドニーへ行こう!02

-旅の記録

前回のお話、オークランド空港にてシドニー行の搭乗。

いつもながらのニュージーランド航空、でも日本直行便ではありません。
そして今回は日本までの約10時間ロングフライトは回避!
隣国のオーストラリア、シドニーまでたったの3時間でございます。

何とも近い!もう国内線みたいなもの。
日本直行便の10時間ですと、シートに座って映画を5本観てもまだ到着しない。
映画を5本を観るだけでも疲れます(笑)

あら、シート&ラッゲージで予約したために、何と映画も10ドル追加の要で別料金だって。
せこいわ、ニュージーランド航空…
まぁ、マイレージ支払いできたので許しましょう。

ですが、今回はたった1本と半分の映画を観ただけでした。
1本目は、キムタクさんが刑事ながらホテルマンに扮して捜査。
まぁ、いつも通りにキムタクさんです。

もう半分は、日本からニュージーランド帰国便で残り半分を鑑賞できることを期待ですね。

そうそう、機内食のお話。
今回は3時間フライトなので、予約時に機内食なしで予約しました。
機内食を覗き見した結果は、ん~予約しなくて正解 (笑)
ですが、早朝便にてネイピアからオークランドに空路移動したために、朝食をスキップ。
お腹も空きました。
やはり持ち込んだチョコレートだけでは足りず、9ドルのサンドイッチを機内で注文。
9ドルとはボッタくり!!といっても選択肢は空の上で究極的に少ない。
ですが、この9ドルもこれまたマイレージで会計できるということで許しましょう(笑)

このサンドイッチ、結構美味しかったです。
動かず座り続けるフライト、機内食はこのぐらいがちょうどよいね!と実感。

そんなこんなで、あっという間に海外!
シドニー空港にランディング。
久々のシドニー、しっかりアップ・デイトをこれからしていきましょう。

さて、ニュージーランドとオーストラリアの税関食品検査の厳しさは有名。
今回は、まったく食品を持参することなく、オーストラリアに入国します。
着陸前の機内ビデオでは、
『「ごめんなさい」は必要ないから、ちゃんと申告しなさい!』
としつこく訴えておりました。

申告するものも本当にないので、入国カードにも『持込食品、何もなし』にチェック。
そうしましたら、入国審査も日本パスポートの強みで機械相手であっという間。
荷物のレントゲンチェックすらなし。

気が付けば、ここはオーストラリアに入国しておりました~(笑)

シドニー 02 につづく

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント