池波正太郎

Yoshiの 愛読書

愛読書 29 ~ 池波 正太郎 著「仕掛人・藤枝梅安」

Yoshiの愛読書を勝手に紹介し続けるシリーズ、今回で29回めとなります。池波正太郎さんの著書としては3作目のご紹介。今回は「仕掛人 藤枝梅安」の登場です。何度となくドラマ化もされている原案の小説。人の善悪、表裏を友情とともに描いています。
Yoshiの 愛読書

愛読書 23 ~ 池波 正太郎 著「剣客商売」

久々のこのシリーズ、Yoshiの愛読書を気ままに紹介です。今回は池波正太郎さん著、剣客商売でございます。池波さんを代表作の一つです。剣客の秋山小兵衛と、その息子の大治郎。その2人を中心にそれぞれの登場人物が生き生きとしています。爽快感残る名著です。
Yoshiの 愛読書

愛読書 03 ~ 池波正太郎 著「真田太平記」その2~

Yoshiの愛読書をご紹介するシリーズ、今回は番外編ということで、「真田太平記」2度目の登場です。なぜに2度目なのか、それは真田幸村の生きざまに憧れ続けてきた理由が少しわかってきたから、そしてまた「真田太平記」を読みたくなってきた自分がいるからです。
Yoshiの 愛読書

愛読書 03 ~ 池波正太郎 著 「真田太平記」~

Yoshiの愛読書、第3弾、池波正太郎著、「真田太平記」のご紹介です。池波正太郎さんの代表作でも、唯一といえる未完でない小説でもあります。小説の登場人物それぞれの人生、生き様を生き生きと、そして濃密に人間くさく描かれている小説は、自分の生き方にも大きく影響しています。