2021-07

-旅の記録

さてぇ、どこへ旅にでるべかぁ… その1

本拠地のネイピアは真冬ながら、けっこう暖かい。来週は旅にひとり出る予定です。ですが旅の目的地が決まっていません。その目的地をどうするかについて、色々とニュージーランドの都市を考えるのですが、やはりまだ定まらず…ニュージーランド国内旅行なんですが。
その日の日記

芝刈りと 柴犬の脱走劇!

真冬ながら穏やかで暖かなネイピアです。こんな時には庭の芝も伸びるというもの。けっこう重労働な芝刈りをしていると、知らずに柴犬のせんが逃走をしたようです。4軒となりのインド人家族に確保をされた柴犬せんさんは反省をすることもなく、相変わらずです。
お題をひとつ

お題をひとつ #42「消費意欲が…」

お題をひとつあげて、それについて勝手気ままにお話をするシリーズも42回目。今回のお題は「消費意欲が…」です。ニュージーランドにいると消費意欲があっても日本のようにはそれを満足させることも難しく、まして今のコロナ下ではよりそれもできない今です。
Yoshiの 留学 体験記 〈 完 〉

歴史ある堤防の道を歩けば…

ホークスベイ地方を優雅に流れる川のほとり、歴史ある堤防の道を歩きます。その日は冬の快晴、青空も美しくまさに散歩日和。散歩道にある立派なベンチやその堤防の歴史を説明するボードを読んでみたりの感想もどうぞ。静かで穏やかな日常の様子です。
その日の日記

ウニが海岸に落ちていたんです!

自宅から車で10分ほどドライブ、そこにはよくよく柴犬せんの散歩で使う、小さな砂浜の海岸があります。海水がひいたばかりの砂浜になぜかウニが点在して落ちています。ひとつその場で石で割り、オレンジの部分を味見をしてみます。冬場のシーズンオフに思いがけないことです。
その日の日記

花も緑も映える 冬の空…

本格的な冬場を迎えたホークスベイ地方のネイピアです。ニュージーランド国内ではお天気に恵まれるネイピア。冬場ながら、夏場よりも芝生の緑が多くなった雨によって美しく映えたりします。芝生だけでなく、けっこう花々も元気に咲いている姿をよく目にします。
Yoshiの 愛読書

愛読書 48 ~ 真保 裕一 著「ホワイトアウト」

Yoshiの愛読書を勝手気ままにお話をするシリーズも48回目。前回の「アマルフィ」に続いて今回も真保裕一さんの著作です。「ホワイトアウト」、真保さんの小説を代表するアクション・サスペンス。乗っ取られたダムを再び奪取すべく活躍するダム職員です。
その日の日記

ショート・ニュージーランド・ツアー!?

冬の寒さも本格的になってきました。寒さと同時に柴犬せんの元気さも増していきます。散歩に向かったのは川岸の堤防にある歩道です。歩道を歩けばブドウ畑に立つ風車、風力発電です。そして羊が多き牧場。そこには養蜂箱もありハチミツが生産されています。
その日の日記

ワイルド・ネイチャーな冬 がやって来た…

突然に初冬の暖かさから本格的な寒さの冬へと様変わりです。それでもホークスベイ地方のネイピアは快晴ですが、南島を含めて他地方の天気は雪景色もある寒さ厳しい天候のようです。ワイルドネイチャーがやって来たとはニュージーランドでも言われる冬の自然です。
その日の日記

柴犬せん 動物病院で定期健診 !

今日は柴犬せん様の定期健診です。年に一度、誕生日前の検診と予防接種を受けるために動物病院に行きます。動物病院は略称で、VET ヴェットと呼ばれます。動物病院の検診の模様を今回はゆっくりお話をしています。日本と違い、病院らしさがないニュージーランドの動物病院です。