お題をひとつ

毎回、お題をひとつ勝手に決めて、それについて自由気ままに語ります。情報ブログではないので、お暇な時にどうぞ。

お題をひとつ

お題をひとつ #11「海外在住」

ニュージーランド在住ももうすぐ15年になります。そうであってもよくよくニュージーランドという海外での在住の理由をよくよく考えます。ニュージーランドにいるからこそ、より日本人であることを意識しながら生きる毎日です。そして両国の良さも気になります。
お題をひとつ

お題をひとつ #11「陰徳 と 煩悩 ?」

お題をひとつシリーズも11回目となりました。今回のお題は「陰徳と煩悩」。とても仏教的なお題で難しいお話と思いきや、とんでもなく罰当たりながらの軽いお話です。高校時代の思い出と一緒にお恥ずかしいことが並ぶブログです。何のニュージーランドもないです。。
ニュージーランド情報

お題をひとつ #10「冷暖房」

日本の猛暑のニュースでは、夜中ずっと熱中症対策のためにエアコンはつけっぱなし。そんなことを耳にすると、ここネイピア冷暖房器具はどうなのか、それが今回のお題にお話しています。夏と冬にわけてここネイピアで使用する冷暖房器具について、暖炉なども。
お題をひとつ

お題をひとつ #09「書く作業と 記憶」

お題をひとつシリーズも9回目、今回のお題は「書く作業と記憶」です。1000日連続更新を目指す日々のブログ作成についてのお話が中心ですが、それに加えて「忘備録」シリーズを書く意味と記憶を掘り起こす作業についても書いています。お暇な時にどうぞ。
お題をひとつ

お題をひとつ #09「100日」

お題をひとつ、それについて何となくお話をするブログシリーズも9回目。今回のお題は「100日」です。ニュージーランド国内でのコロナ新規感染者ゼロの日が100日を越えました。そういえばロックダウンもおよそ100日間の厳しいもの、その結果ですね。
お題をひとつ

お題をひとつ #08「普通でないこと…」

お題をひとつご用意して、それについて勝手気ままにお話するだけのシリーズ、早くも8回目。今回は「普通」について。ただただ思いついたこと、「普通」とは何か、また普通について思うことがらを語っています。自分が普通でないがために思いついたお題です。
お題をひとつ

お題をひとつ #06「選挙と国民投票」

ニュージーランドは今年の9月に総選挙が待っています。それまでコロナ対策の大きな問題、国境封鎖についてもしばらくは静観。そして同時に2つの国民投票が実施されます。ニュージーランドは大きな国の決定時には国民投票が実施されるのです。その2つについて。
お題をひとつ

お題をひとつ #05「自然と空と」

お題をひとつ勝手に決めて、それについてこれまた勝手気ままにお話をするシリーズも5回目。今回は「自然と空と」、ニュージーランドと日本における自然と空の在り方を比較しながら、日々生活をして感じていることを語っています。日本とニュージーランドの違いがそこに?
お題をひとつ

お題をひとつ #04「マイノリティ」

お題をひとつシリーズの4回目、今回は「マイノリティ」。ニュージーランドを主構成するパキハとマオリについてをまずお話。そしてそこにプラスする移民。移民として生きる日本人がニュージーランドにおいて思うこと、感じることなどをお話しています。マイノリティとして。
お題をひとつ

お題をひとつ #03「ラジオ」

お題をひとつ勝手に決めて、なんということもなく語るシリーズは3回目、今回のお題はラジオです。もう根っからのラジオ好き。テレビよりも何よりもラジオを聴く。何かの作業をしようと思えばBGMとしてラジオを聴くことが本当に多い。好きなラジオ番組なども。
お題をひとつ

お題をひとつ #02「職 業」

お題をひとつあげて、それについて自由気ままに語るシリーズの2回目、今回は「職業」についてです。日本とニュージーランドの両国に生きながら、日本人である自分。そんな自分が思う職業について、また今までの経験について。お時間ある時に、お気軽にどうぞ。
お題をひとつ

お題をひとつ #01「母の味?」

連続ブログ投稿も500日を越えて、新たなシリーズがスタートです。お題をひとつ、勝手に決めて、それについて気ままに語るだけのこと。自由度が高い自分に優しいシリーズです。初回は「母の味?」についてそこはかとなくお話をしています。お暇な時にどうぞ。