人生を振り返る忘備録

Yoshiの人生を振り返り、いつか自分が読んで思い出すであろうことを残しています。

人生を振り返る忘備録

振り返ればまた学生? 柔整専門学校 #1

カイロプラクティック院の経営も順調、安定もしてきた頃、新設の柔道整復師専門学校への受験のお話をいただきました。これによりスポーツトレーナーとして大きなチームで活動する夢を実現すべく、柔整専門学校への受験を決意しました。その結果とそれ以降のお話です。
人生を振り返る忘備録

カイロプラクター Y の時代を振り返る ♯4

前回のお話、大阪においてカイロプラクターとしてスタートし、やっとそれも結果を残しました。そして今回はその大阪を離れ、新たな滋賀県の地方でカイロプラクティック院を開院することになりました。その新たなスタート、そしてまた転機が訪れたのでした。
人生を振り返る忘備録

カイロプラクター Y の時代を振り返る ♯3

前回の#2においては、カイロプラクターとして、そして自営業者としてやっとスタートを切ることができました。今回の#3では、動き出したカイロプラクターとしての生活は順調に進み、忙しい日々となります。そして新たな決断をする時がおとずれるのです。
人生を振り返る忘備録

カイロプラクター Y の時代を振り返る ♯2

前回のお話ではカイロプラクターとして、また自営業者としてスタート。そして営業を始めます。ふとしたきっかけから、集会所の2階の和室を週1回借りることができ、そこで出張カイロプラクティック院を始めることになるのです。さてその様子、初めての施術を。
人生を振り返る忘備録

カイロプラクター Y の時代を振り返る ♯1

前回のお話で、カイロプラクティックの学校を修了。卒業後、鍼灸整骨院で修行をしながら、出張専門、それも地域限定のカイロプラクティック院を開業したのです。これが自営業としてのスタートとなりました。当時の宣伝などの状況などを振り返っています
人生を振り返る忘備録

振り返ると、カイロプラクティックの学校#3

サラリーマンに終止符をうち、カイロプラクティックの学校に通い出してから3年目、学校もついに最終年となりました。それまで働いていた食品工場も辞め、整骨院での助手をすることになりました。そこでの経験などをお話します。そして学校の卒業を迎えます。
人生を振り返る忘備録

振り返ると、カイロプラクティックの学校#2

サラリーマンを辞めて進んだカイロプラクティックの学校です。入学して2年間のお話です。学校だけでは足りず、色々な勉強会に参加をしたり、すでに活躍するカイロプラクティックの先生のもとを訪れて勉強をしたりする日々が続きます。まだまだ迷いながらです。
人生を振り返る忘備録

振り返ると、カイロプラクティックの学校#1

大学卒業後に新卒として就職をした会社を退社。そして夜勤の食品工場で働きながら、新たにカイロプラクティックの学校に通う毎日が始まりました。その毎日はまさしく過酷、睡眠時間も2時間ほどしかなく、必死で生きた時代です。会社を辞めてからの人生スタート。
人生を振り返る忘備録

食品工場、振り返る 番外編 #3 最終話

サラリーマンを辞めてすぐに働き始めた夜勤の食品工場、それから22年後に同じ工場で再び働くこととなったお話。その3回目であり、最終話です。派遣社員として色々な部署で働いていたのですが、22年前に働いた「仕分け」部門の専属として働くことになったのです。
人生を振り返る忘備録

食品工場、振り返る 番外編 22年後…#2

前回「番外編 #1」の続き。会社員を辞めて、カイロプラクティックの学校に通いながら夜勤として働いた食品工場、それから22年後のお話。なんの因果か再び同じ工場で働くことになったお話の2回目になります。派遣社員として色々な部署の穴埋めとして働きます。
人生を振り返る忘備録

食品工場、振り返る 番外編 22年後…#1

食品工場勤務、それも夜勤をし続けた2年間。それから時は大きく流れ22年後のこと、何の因果か同じ工場で再び働くことになります。ですが今回は派遣社員という身分で。この初日、色々なことがわかってきます。変わったこと、そして変わりがなかったこと…
人生を振り返る忘備録

過酷な食品工場勤務、振り返る… その2

前回のその1において、学校に通いながら夜勤をする食品工場が決定しました。学校への通学も始まり、そして過酷な深夜勤務が本格的に始まります。食品工場での勤務内容、そして勤務中の唯一の楽しみについても語っています。この経験を振り返って思うことも。
人生を振り返る忘備録

過酷な食品工場勤務、振り返る… その1

前回のお話で、サラリーマン生活に終止符を打ちました。その1週間後のこと、学校に通いながらの働き先のために面接を受けにいきます。その結果、自宅近くの食品工場勤務が決定したのです。週5日の通学をしながらの深夜勤務です。これから先、過酷な日々が続きます。
人生を振り返る忘備録

退職の日を振り返れば ビールとお寿司…

大学を卒業して就職をした会社、それを退職する日が訪れました。朝からずっと時計をみてばかりの1日。そして定時の5時を迎えて、退職の挨拶でオフィスをまわります。その後、誰よりも早くオフィスを出てエレベーターホールでひとり帰宅の途に向かいますが…
人生を振り返る忘備録

振り返る最後の半年、退職前 その4

前回のその3に続き、新卒として働いた会社を退職するまでの日々。その最後となります。退職後に選んだカイロプラクティックの学校、そのためにも教育資金が必要。そして膝の手術ももう一度受ける必要がありました。その手術は尋常ではない痛さのものでした。
人生を振り返る忘備録

振り返る最後の半年、退職前 その3

前回に続き、大学卒業後に就職をした会社を退社する前のお話です。1995年1月、大阪南港に住んでいた頃、大阪湾をはさんで向こうの神戸にて、阪神淡路大震災が起こりました。それによりボランティアに行くことになり芦屋に通うことになりました。それがきっかけです。
人生を振り返る忘備録

振り返る最後の半年、退職前 その2

勝手にYoshiの歴史を語っています。前回に続きサラリーマン生活最後の半年の様子、前回は退職を決意後の働く姿を。今回は密かに退職準備を進めている様子です。会社には内緒で、退職前にせなばならないことが色々とあったのです。引っ越しもしました。
人生を振り返る忘備録

振り返る最後の半年、退職前 その1

前回のお話で無理やりに退院をしました。ですが麻痺をして動かない左脚はまだまだ。そのため日々の生活は大変です。部屋の中を腕の力だけでホフク前進です。それでも松葉杖で会社にも復帰。退職を決意していたために、気持ちも働く心構えもぜんぜん以前と違います。
人生を振り返る忘備録

振り返っても長き 入院生活 その4

Yoshiの人生を勝手に振り返って文章化しているシリーズです。前回でついに長き入院生活、そしてサラリーマンを辞める決意を固めます。それからの残りの入院生活、そしてその間に固めた将来のことなどをお話しています。自分の転機、ターニングポイントのお話。
人生を振り返る忘備録

振り返っても長き 入院生活 その3

前々回、前回のお話においても、今回と同じよう長い入院生活の模様をお届けしました。今回はそれに加えて、人生の分岐点となる事柄、そしてそれ以降に変わった思いと行動についてもお話をしています。今回にある分岐点のことは、今でも鮮明に覚えています。
人生を振り返る忘備録

振り返っても長き 入院生活 その2

左膝の手術後に、左脚が麻痺をして動かず。前回のその1に続き、長期入院生活のお話です。なんとも突然の車椅子生活、それにも慣れて、忘れがたい入院生活。そして貴重な車椅子生活です。そんな生活をしてみて感じたこと、思ったこと。そしてその後の人生への影響を。