英語習得のヒントかも 第5弾 「並べてしまおう!」

英語習得のヒントかも
+7

大人気シリーズ、『英語習得のヒントかも』!
すみませぇん! わたし、ウソつきました!

ただただ独り言シリーズでございます(笑)
気持ちよく、今までの思いを文字にしてみます。

次の英語を和訳しましょう。

I Love you.
私はあなたを愛しています。

3ワードの英語なら無理せずともすぐに和訳できます。
ただ厳密にこの3ワードを直訳してみます。

I Love you.
わたし 愛している あなた。

これが本当であり、ここに日本人が英語を苦手にする理由があると思います。
前回、前々回のお話にもつながります。
どうしても英語を日本で、日本語で英語を考えると、語順をひっくり返す必要が…

日本人、韓国人の英語習得の難しさ。
そして中国人の英語習得の容易さ。

日本語と韓国語の語順、英語の語順が違うんです。

ここに、英語を英語で考えるコツがあるのでは。

『英語は、並べたくる言語』
ちょっと表現が綺麗ではないのですが、私はこういつも思っています。

日本語はスピーキングとヒアリングに関しては難しくない言語。
その分、ライティングとリーディング(読み書き)が特別に難しい言語です。

難しくないスピーキングながら、微妙な感情や時制を表現する助詞、助動詞がとんでもなく足を引っ張る。
中国人が日本語を話す時、
「わたし、欲しい、これ、いくら、もっと、やすい、なる、ぜったい!」
このような感じでしょうか。
助詞、助動詞を気にせず、語順も中国語のまま(かな?)…
でも伝わります。それもしっかり言いたいことがわかります。

それなら日本人が英語を話す時、もう気にせずに並べてしまいましょう!
ひとつだけポイントは、名詞の後にやりたいこと、いいたいこと(つまり動詞、be動詞)を。
後は恥ずかしがらずに並べてしまいましょう。

もし日本語で伝えたいことを考えた後に、英語に変換して話すのなら。。
日本語の単語を英単語に変換。
日本語の会話の語順を英語の語順に並べ替え。
細かい時制や文法、前置詞などを気にする。
それから、英語を口にする。。

もはやこれだけのことを瞬時にこなすこと、私には不可能。
英語での言葉のキャッチボールはできません。

少しぐらい文法違ってもお構いなし。
相手は日本人だとわかっている、英語が母国語だとは思っていません。
それに助詞や助動詞が抜けたり、違ったりする日本語の違和感ほど、英語では目立たないはずです。

並べ続けているうちに慣れてきます。
at home のatは正しい前置詞でなどと考えずに、『at home』を1つワードのように口にできる。

英語を習得、特に日常で英語を使用する最初のうちは本当に頑張ってみましょう。
「並べるんです!口にして恥ずかしがらずに」

まさしく、出川イングリッシュですね。
私、初めて観た時は大笑いしながらも、涙するほど感動しました。

私たちは中学校の時代から、しつこく訓練された現実。
『問題、次の英語を和訳しなさい。』
こんなことをすることが当然とした英語教育と受験英語。
その先には、使えない英語がお待ちです。
海外留学をして、飛び込んでみましょう。

私のようにもはや英語ができないことへの羞恥心もなくなると。。
「英語で何て言ったっけ?あれ、あれ、木を切る、手で動かして…」
「あ~ ノコギリね、ノコギリは3番の列にあるわよ~」
(ノコギリまだわかります。例えです(笑))
でも、こんな風に生きてます(笑)

最近、英語でも日本語でも何て言うのかわからないことが…
そうなると調べることもできません。
ここまでくると、もはやただの役立たずです…(泣)

これは年齢の問題なので、話は別ですね(笑)

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント