ニュージーランドで、市販薬どうする?

ニュージーランド情報
+5

バカは風邪ひかない。
ですが、アホは風邪ひくようです。

風邪の時、特有の匂いがしています。

咳、喉、頭痛、そして鼻水
昨年、副鼻腔炎の手術を受けたため、右鼻に鼻水が溜まることはありません。
つまり、気付いた時には鼻の下が潤っているんです。
鼻垂らし小僧、ジュルッって感じ(笑)

微熱も。
といいましても平熱が34.8度の冷血人間。
36度台でもけっこう微熱少年。

寝込むほどでもなく、風邪気味さん。
病院(GP)に行って、処方薬をいただくほどでもなし。
こんな時には市販薬を飲んで安静を。

以下のお薬のお話、ニュージーランドに持ち込むことが可能な種類、容量などはお話しません。
処方薬に関しても同じです。しっかりご自身で確認をして下さい。

ニュージーランドにも薬局しっかりあります。
それならニュージーランドのお薬を飲むかといいいますと、私はほとんどその機会ありません。
やはり、日本から持ち込んだお薬、慣れ親しんだお薬を服用することが多い。

日本のものであっても、ニュージーランドの薬であっても、副作用が皆無というものはありません。
ニュージーランドの薬はニュージーランド人に合わせて調合されています。

問題は日本人とニュージーランドの対格差。
この判断が難しい、特に女性の場合です。
同じ大人でも日本人女性の平均的体格とkiwi女性の体格を比べると、それこそ子供と大人の差ほど。
自分のような日本では大きめサイズ、この国では平均サイズ(今は肥満期ではなく、平均以下かも)。
そんな男性でもニュージーランドのお薬を大人の量で服用すると、その日1日眠くてお仕事にならないことも。

そのようなこともあり、市販薬はやはり日本のものを用意しています。
帰国の度に常備薬は補充するようにお持ち帰り。

私の場合ですと、片頭痛のために欠かせない、胃に優しい頭痛薬、バ※ァリ※

忘れてはいけなにものが、目薬。
目薬の種類は日本が世界一。
そしてニュージーランドは紫外線が強烈です。
長く滞在すると紫外線の影響が目にも。
ですから、サングラスと目薬は日常に欠かせません。
紫外線だけではなく、当然の老化さんが追いかけてくる(泣)

もう一つの常備品、虫刺されのお薬。
ニュージーランドは自然が豊富。
自然が豊かなら、もちろん虫さんも多い。
人には好かれずも、虫はこぞって集まり、私の血を美味しそうにお持ち帰り。

ですから、日本の虫刺されは手の届くところに。
代表的なム※はもちろん欠かせません。

そして日本国民の常備薬、すぅ~と塗って、キンカンこん♪
これをみなさん日本から持ってこられます。
そしてニュージーランドから日本帰国時には、この茶色い瓶のお薬は置いていかれる。
瓶重いですし、わざわざ日本に持ち帰ることもありません。
ということで、お家にもいただいたキンカンこんがいっぱいあります。
たぶん一生購入の必要がないぐらいに。

このように海外在住歴長くとも、日本にしっかりお世話になっています。
あとは我が中日ドラゴンズが解消して気持ちよく睡眠ですね!
なるほど~ 風邪の原因は不甲斐なきドラゴンズなのかも(泣)

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント