好きです、日本グルメ 第11弾 梅田「蛸之徹」

- 好きです、日本グルメ!
+5

大阪マルビル地下1階、「蛸之徹」
何屋さん?
そのまま、たこ焼屋さん。

ただし、あなたが焼かねばなりません。

初めてこの店を訪れたのは、大学入学直後。
同級生の山田か山中か、それとも両方に連れられてか…
ということは、30年以上前?
それは、それは恐ろしや。。

大阪の家には、必ずたこ焼き器が存在し、子供の頃からたこ焼を焼かされる!?
ですが、私は大阪出身ではない。
なのに、今ではけっこう上手にたこ焼できる。

これは、まさしくこの店での失敗を積み重ねたが為。

上手く焼けないとスタッフさんが助けてくれます!
なんてことも覚えがない(泣)

上手くできなければそれを食すのみ。
ただし、ここの生地とソースは抜群に美味しい。
結局、出来上がりがまずくとも味は似たようなものだ。

ここは美味しいだけではなく、楽しい。
楽しい故に、写真の撮影枚数も増える。
いともたやすく過去のたこ焼写真がザクザクと(笑)

つちかったウンチク、いかにたこ焼作る?
最初、慣れるまではたこ焼の中身は少なめに。
紅ショウガ、それ以外のトッピングを入れ過ぎない。
入れ過ぎると水分多くなるのか上手くまるまらない。

どうしても最初のうちは1つか2つ、上手くできないたこ焼が生まれる。
犠牲者と思い、キッパリ諦めろ(笑)

左の写真、その上の写真のたこ焼き途上品、私の作品ではありません。
あまり上手くない例として2枚のお写真!
ここで世界に披露されてしまったたこ焼、製作者の名前は内緒にしておきます(笑)

あとひとつ
どのソースもとっても美味しい!
だがスタッフさんに頼まないと出てこない、出汁のつゆ。
明石焼のごとく、浸して食べる出来立てたこ焼は絶品です。
お忘れずに。

ひとり蛸之徹も平気な自分。
マルビル地下1階で、たらふく・たこ焼。
その後は、マルビル2階のアウトドアショップ『L.L. Bean』で、今回もバーゲン品探して衝動買い…
帰国のたびにこれ…
なんか寂しくないか?

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント