地味ながらも 車中泊で良き働きアイテム!#1

ニュージーランドでキャンピングカー
+6

「護送車」の中で過ごしている時に、ふと思いつくんです。

あ~ こんな物があればよいんでない!?
なぜに今まで気付かずにいたんだろう。。

そんなことがあると、帰宅後すぐ工作を地味に始めるんです。
日本ならネット通販で探せばすぐ届くはず。
ですが、ここはニュージーランド、南半球の地の底。
ましてや今は日本に帰ることもできない、帰国難民です。

最近のヒットアイテムが3つ。

護送車内で、作業などをしていると、暑かったり、蒸したり。。
特にキャンパーバン生活の天敵は、湿気です。
大切な湿気大切は風通しをよくすること。

車内(荷室)の前方、スライドドアを開放。
すでにスライドドアには、白いカーテンを装着済です。
高さが合うカーテンを購入、長さを合わせてカット。
カットした部分は黒い裾上げテープを取り付けてと!

結果、白いカーテンに黒い縦縞(写真ではよくわかりませんが)。
ん… お葬式の幕 感が… 
まぁ、いいか(笑)

カーテンの役割は、軽い目隠し。
それよりも大切なことは、小さな虫さんたちの侵入を阻止することです。

こうして前のスライドドアを開けっぱなしにもできます。
ですが、それだけでは風が通りません。

なら後方のゲート式バックドアも開けたらよい。
もちろんバックドアにもしっかり開け閉めできる大きなカーテンを装着してあります。
ですが、前方のスライドドアとは違います。
バックドアは少しだけ開けておく、そんなことができません。
開けたら空に向けて自動的に全開放。

こうなると風は通るが、とんでもなく目立ち、風が通り過ぎ!
バックドアも少しだけ開けておきたい…
ならロープもしくはゴムで結んでおけばよいか…

ん、、なんとも面倒でスマートではありません。

やはり日本人さんは同じことを考えます。
少しだけバックドアを開放して固定する商品が売り出されているんです。
日本で購入したら、8,000円もする!!

当然のようにニュージーランドで購入はできません。
なら、なら、いつものこと。
作ってしまえばよいではないか。

はい、日本でも同じように工作している方がいらっしゃいました。
紹介されているブログを参考にさせていただきました。
日本で購入できる建築部品もニュージーランドにある物を使って代用。

結局出来上がった物は写真のような部品です。

目的通りに、少しだけバックドアも開けっぱなし。
これで心地よい風が車内を通ってくれます。

いっそう車中泊生活が快適になりました。
地味な工作物ながら、最近は欠かすことができないアイテム。
しっかり働いてくれるのです。

あら、もうひとつお話しようと思ったのですが、長くなりました。
またの機会にしますね。

って、このようなお話を楽しんでいただける方がいらっしゃるのでしょうか?

気にせんとこ!(笑)

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント