お題をひとつ #28「将来を見据えて」

お題をひとつ
+7

早いもので4月もすぐに終わってしまいます。
4月といえば日本では色々なことが始まる時。

そうだ…
プロ野球も始まって1か月になろうとしています。

我が中日ドラゴンズのお話。
ここ数年ずっと、将来を見据えてペナントレースを戦い続けています。
はて? その将来はいったいいつ訪れるのでしょうか…

今年もまだ始まったばかりなのですが、私を含めたドラゴンズファンの大きな声。
「もう来季を見据えて戦うべきだ!」
なんともドラゴンズファンはいつも前向きな姿勢なことでしょう!?(泣)

飛騨の希望である根尾さん、打てなくてもエラーしても使い続けてください。
私的な要望、多くのファンの願いですね。

そんな日本を大きく離れて、ここ南半球のニュージーランド。
午後6時過ぎには日が暮れて暗くなってきました。

1カ月ほど前には、午後9時まで明るかったのに。。
これがサマータイムの威力でございます。
秋は突然にやってくる。
そして長い冬がすぐそこ。

国民みんながクリスマスまで冬眠…
夜長と寒さを我慢しながら、じっと。。
じっとしていて欲しいんだけど、なかなかkiwiは大人しくしてくれなかったりする。
日本人の我慢強さは、きっと世界一。
良くも悪くもですが。

このブログを書きあげているのは4月19日。
今日から、タスマンバブルがスタート。
オーストラリアとニュージーランド両国間の旅行が自由化。
強制隔離も自宅隔離もする必要なく、タスマン海峡を行ったり来たりできるように。

このご時世では、なんとも贅沢なこと。
ニュージーランドは長く市中感染者もゼロの日が続いています。
(インドからの帰国者に陽性者が多く、もちろん即強制隔離!)

市中感染がゼロ、それはほぼコロナ感染を気にすることなく生活をしています。

一方、再び北半球の日本にもどれば、大阪では過去最高の感染者数だったりするようです。
もう悲しいかぎりの私です。

ニュースを読んでいると、何度も緊急事態宣言が各地で繰り返される。
また繰り返されそう…
それはもう緊急事態の意を成さなくなりそう…

1年前のニュージーランドのようには無理でしょうか。。

補助金を国民に広く給付。
その代わり、学校も商店も会社も全面的にお休み。
(スーパーや病院などの不可欠な業種はもちろんのぞく)
県を越えた移動は厳しく制限。。
いわゆる厳格なロックダウンです。

帰国難民は、遥か彼方から俯瞰的に見てこのようについ思ってしまいます。

ここは将来を見据えて、大胆な手を打てないものでしょうか。
ドラゴンズと違って、きっと今年だけなのだから…

いやいやいや、ドラゴンズだってぇ!…

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント