いつも変わらない、そんな贅沢な1日

- 日本帰国生活
5+

日本帰国中、こんな日が必ず作ります。

大阪、名古屋、東京、札幌…

長年、変わらず通い続けるお店、食堂…
帰国の度に行かないと自分が落ち着きません。

『常連さん』
とってもいい響き、なにか憧れます。
ですが、日本帰国といっても年に2,3回のこと。
行き先にとっては、とても私は常連さんとも言えません。

ですが、私にとっては、なくてはならない場所ばかり。
静かにひっそりと一人たのしみながら訪れるのです。

今日は大阪市内、お昼時のアポイントメントを挟み、一気にそれをこなしてしまいます。
一気に、それには理由も。
大阪地下鉄、『1日フリー乗車券』を使いこなすため。
地下鉄乗り放題なので、料金気にせずにやってしまいましょう。
セコいですか? そうですね (笑)

午前中の開店間際に入店です。
いつもの『釣り道具屋さん』からスタート。

自分にとっては、天国そのもの。
いつもニュージーランドのビーチで釣りに勤しみながら、思い浮かべる光景が目の前。

♪あれも欲しい、これも欲しい、もっともっと欲しい♪
ブルーハーツの名曲『夢』が頭を巡る。

ですが、本当に必要な物だけにしましょうね。
無ければ無いで、何とかなるもの。
自分で作ってもいいものには手を出さない。
最近、そんなこともできるようになってきましたね。

お昼のアポイントメントを無事に終わらせます。

「Yoshiさんの出身地はどこですか?」
ん~ 困る。。
どこなんですか?
この人生では正解が存在しません(泣)

そして、大好きな天神橋筋商店街に当然地下鉄で移動。
いつもの『たこ焼屋さん』でたこ焼をつまみます。
このたこ焼の詳細は、グルメ情報に残しておきましょう(笑)

いつもの『古本屋さん』
とっても小さいながら、チェーン店にはない、落ち着いた雰囲気。
長年通ってるよね~

ゆっくり、静かに店内を見てまわる。。
そんな時間も自分には贅沢すぎます。

ですが多くの冊数を購入することは少ない。
シドニーからの機内で観た『真夏の方程式』。
東野さんの文庫本が待っていたかのように目に入る。
これも大切な縁ですね、ニュージーランドにお持ち帰りです。

日も暮れる時間、いつもの『床屋さん』
この時まで我慢したニュージーランドでの散髪。
ずっと伸びすぎ、天然パーマが目立つ無様な頭髪ともお別れ。

常連さんとも言わずとも、理容師さんも覚えてくれています。
大きな鏡を前に、床屋さん独特の椅子に座ると聞かれる。
「今日は、どうしますか?」

毎回わたしの返事は違う、今日は、
「ジョージ・クルーニーでお願いします。」

そのまま無言で始まる散髪。
15分後には、カット&シャンプー、1,700円のジョージ・クルーニーが鏡に映っているのです。。
なにか~?

そんなこんなで、もう自炊するのも面倒となり、夕飯は贅沢してやろう!
ってことで、またまたまた同じ写真が増えるだけの結果です。

『餃子1人前、焼き飯にジャストサイズの唐揚げ』
王将の餃子は、海外在住者にとって、いつものフルコース料理!

そんなこんなで地下鉄・新大阪駅にもどります。

少し待てば、必ず歩いてきます、切符売り場に訪日海外旅行者。
今日も一人のヨーロッパ系女性旅行者に声を掛けてと。

「これ、地下鉄1日乗車券だけど、もう必要ないから使わない?」

今回も気持ちよく喜んで受け取ったスペイン人の一人旅、御堂筋線の改札へと消えていきました。

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント