旅先で その9 2020年 1月1日

-旅の記録

昨晩の大晦日。
4時間の時差はさすがに厳しく、日本の年末恒例番組をライブで観る元気はなく就寝。

2020年1月1日、朝の柴犬は元気に起床。
それに反して、人間は睡眠過多による片頭痛で起床。

元旦といえども、お雑煮やおせち料理が待っているわけでもない。
いつも通りにサラダ、目玉焼き、歯ごたえないソーセージの朝食を自分で用意してと…
日本の元旦、もう13年も過ごしていなければ忘れるというものです…

さぁ、柴さんの強要でビーチに向かいましょう。
もうそれがふつう~と思い込む柴犬の『せん』様。

はいはい、一応釣りできる用意して向かいましょうね。
ですが、海の色は見事に茶色…
海中はまさしくうねり、砂が巻き上がっております。

柴犬もそろそろ海を見て、「これはあきませんなぁ!」
と関西弁でしゃべりそうな勢い。。(泣)

ならコテージに帰って、『ガキ使』でも観ましょうかね…
という時間でもなく、それならこの旅で好奇心くすぐられながら、気になっていること…
それを心残りないように、解決していきましょうね。
『せん』の運動も足りないことだし…

Nikau Valley

前日の『クイーン・エリザベス・パーク』と同じく、左に曲がったら『二カウ・バレイ』って看板。
いつも見るけど、何?
そんなちょっとした引っかかりを解決しましょう。

駐車場も入口も地味~
こちとらビーチに行く用意、ビーサンに防水のズボン姿です。

リードを付けた『せん』さんを先頭に林の中に行きます。
なんとなく暗い、ニュージーランド特有のファーン(シダ)多き林を進む。

ここで分かれ道。
右に曲がれば『LOOKOUT』。
展望台? 見晴らしがよいのね!

と、何の考えもなく右に曲がります。

人生においてもよくよくありますよね。
後に思えば、あそこが人生の分岐点…
あそこでその選択をしなければ、結果は違ってたのに…
その選択も、言葉も、何の考えも思いもなく軽~く決定していたのに…

そう、この選択が…(泣)

進めば徐々に登っていく。
あら、優しいこと、木道が始まります。
ニュージーランドのトレッキングではよく見る光景。

そんな自然の中を楽しみながら進むと、木製階段が始まる。
ん~、段々と階段も急になってきた?

 

あれ、全然見晴らしよくならない…
30分歩いてもさっぱり?

段々と道の勾配は強くなり、急になっていく。階段の幅も狭くなっていく…

あら、このあたりで気付く…
日本で、ちょっとお参りして行こう!
と気楽に参道行けば、そこには地獄の階段…
あのパターンをニュージーランドでしてる?

こういう階段は、左脚のリハビリを思い出させる…

これ、やっちまったなぁ…
片頭痛もあるのに~
いつもなら、当然のように先頭を歩き引っ張りまくる『せん』を怒るのに。。
今日は、「せん、もっと引っ張らんか~い!」
相当にきつい。。
なぜにビーチサンダル?
なぜに防水ズボンで、サウナスーツ状態?

あの~ 分岐点の看板、『LOOKOUT』だけって…
日本なら頂上まで何分!とかあるのに、この国って本当に適当…(泣)
そんな愚痴すら考えてしまいそう…(笑)

最後はそこにまるで天国への階段でもあるかのように、ただただ大きく見上げます…

両膝は笑う。
大腿四頭筋は痙攣しそう。。
片頭痛はズッキズキ。。。

なぜに、わたしは元旦から試練に立ち向かう?
途中で引き返す勇気ない?
いっつも同じセリフが脳裏に、『こんなはずじゃなかったのに…』
ちょっとした好奇心が巻き起こす苦労…

結局、のぼり続けること、1時間。。
フラッフラ…(泣)
せんさんも、ゼイゼイ…(泣)

ご褒美の時間。
そこにある景色は見事に美しい。。

何よりも大切なことは、二カウバレイと聞いたなら、地図や看板にその名前を見たなら、この光景を思い出すことができるという、経験を踏まえての事実が残ること。

きっと今年もこんな生き方しかできない?
まだ元旦…(笑)

見たことない、行ったことない場所、好奇心が振れる感覚を大切に。

ニュージーランド、日本、そして行ったことがない国にも行きましょう。

今年は特に気合を入れて、日本の地を、北も南も知らない街を旅していきます!
新たな仕事に向かっていくかもしれません。

本年も、何卒よろしくお願い致します。
2020年1月1日

コテージに帰れば、『せん』はずっと夢の中。
おつかれさま。

 

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント