2020 東北の旅 初日 / 青森「酸ヶ湯温泉 その3」

-旅の記録
+5

ほとんど雪もない青森市街地を抜け、宿の送迎バスは一路酸ヶ湯温泉に向かいます。
バスはチェーンを装着しているために、結構な騒音を巻きながらの走行。

途中、国家試験で覚えたいくつかの観光地名が標識にも観られる。
城ヶ倉大橋、十和田湖、八甲田山…

街を抜けて、山に入ればそこには雪も徐々に増し、そして樹氷も綺麗。
チェーンなければ走行不可能な凍結した道をバスは行きます。
そのうち知らず知らずに熟睡…zz

到着の音で目が覚め、急ぎ下車する前には、酸ヶ湯温泉旅館
ここ酸ヶ湯は日本でも有数の豪雪地帯。
その中にポツンと存在する旅館がここに。

何よりも豪雪を観てみたい。
そして有名なヒバ千人風呂に入ってみたかったんです。

宿泊客が一気に送迎バスから降りたため、チェックインに時間を要するも無事に到着ですね。
ほっと一息してしまうと動きたくなくなる。
それに外果(外くるぶし)周囲が腫れてきているので、どうせならもう温泉入ってしまおう(笑)

いいの?腫れてるのに…
ダメですね、人には絶対オススメしません。

でもここまで来てヒバ千人風呂に入浴しないほどの症状でもなし(と言い訳…)。

さぁ、いこう。

このヒバ千人風呂、混浴です!
混浴だから入りたいわけではないので、誤解なく!(笑)

実際に入浴してみると、大きなヒバの浴槽、左半分が男性、右半分が女性。
そう決っています。
それに湯気でお隣の顔もよく見えない大浴場。

ですから、混浴といっても何の気づかいいらないというのが本当のところ。
カップルで入浴なら、ちょっとかわいそうなぐらいです。

念願のヒバ千人風呂、ゆっくり浸かりましょう…
といきたいのですが、とっても硫黄が強くて長風呂できません。。

「捻挫で足首腫らしてるのに、何が長風呂やねん!」
そんな声が関西の柔道整復師の先生方からも聞こえてきそうです(笑)

あまり長湯もせず、ここはお部屋で速攻のアイシング。

アイシングは簡単でございます。
窓を開けて、お盆で雪をすくって、ビニール袋へ!
もう窓を開けたらアイスだらけさ~(笑)

捻挫に関しては、ここにプロがいらっしゃるので、大丈夫です!?
そのプロが捻挫しているので何の問題もございません(笑)

 

さて、温泉街にいってもほとんどホテルの選択しかしない私。
理由は基本的に、ぼっち行動だから。
つまりひとり旅が当たり前なので、旅館選択をすることがないんです。

でも今回は、もう選択肢もなし。
なぜならここしかないから!
千人風呂はこの旅館にしかないから。

結果、もう思い出せないほど久しぶりに浴衣姿。

もうひとつ、ここはむか~しから、色々な疾患に効能ある温泉として名高く、そのため湯治(とうじ)のお客さんもいらっしゃる。
なのでひとりのお客さんにも慣れていらっしゃるんです。

浴衣姿で旅館を歩く。
そして夕食も通常なら宿近くで美味しい外食を選択も今日は無理。
なぜなら、この旅館以外、まわりにも店も何も存在しないから(笑)

ですから、なんと旅館のお座敷で、夕飯でござりまする。。

山の中のお宿ゆえ、新鮮なお魚がいっぱいとかそんなことはありません。
素朴な和食が並びます。
お写真から色々想像してくださいまし。

もちろん、すべて美味しくいただきました。
基本のお米がとってもうまく、舞茸のお味噌汁も美味。
それに贅沢なおかず、何の文句もございません。

ただぁ…
やっぱり旅館のご飯をひとりで食すのは、やはり寂しすぎますよね~
これも自業自得とはいえ、なんとも言えません(笑)

畳のお部屋、お布団で寝ることすら、もうお久しぶりでございます。
何をすべきかわからず、結局そんなお部屋でブログを書いている私は、何をしたらよいのでしょうか?

わからないので、24時間開いてるし、また千人風呂入って、雪のアイシングでもいたします。

おやすみなさい。

ふかふかのお布団で睡眠過多。
仕方がない、午前6時から3回目の千人風呂に。
ゆったり朝風呂…
あ~ 日本っていいなぁ~

こういう贅沢をしたくなる海外在住者です。

そして朝食、バイキング。

もう朝からこんな朝食をしていれば、ニュージーランド帰国もしたくなくなる…
でも愛犬が恋しい(笑)

筋子とお漬物のごはん。
これ以上の朝食に何を求めるでしょうか。
とてもおいしゅうございます。

もうすでにはち切れそうなお腹をかかえてチェックアウト。
送迎バスに青森駅にもどるのでした。

午前6時に大阪を出発、午後3時には酸ヶ湯温泉にいます。
関東からならもっと楽。

きっと例年より雪は少ないのでしようが、今冬も八甲田山でのスキー客でにぎわう。
スキーはもうしない自分も、ゆっくりヒバ千人風呂でほっこり。
酸ヶ湯に豪華な食事を求めずとも、十分に贅沢なごはん。

ぜひ、おすすめします。
またいつか来るような気がします。

初日、酸ヶ湯温泉編はこれにておしまい。

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント