2020 東北の旅 3日目 / 岩手「平泉&仙台 その2」

-旅の記録
+5

世界遺産の平泉を離れ、普通電車で再び一ノ関駅にもどります。
そこからは東北新幹線で40分ほど、そこは東北の大都会、仙台に到着!

またやってまいりました、仙台。
この街、いつ来ても美味しいものだらけ。
牛タンはもちろん、ずんだ餅、ラーメン、お土産もいっぱい。
仙台駅自体が、もう異常なほどに食欲のるつぼ。
これほどまでに食欲を刺激する駅は、きっと日本で断トツにトップ。

そんな中をまずひたすら今日の宿に向かいます。
こんな大きな荷物は、じゃまでしかありません。

とっととチェックイン、荷物を部屋に置いてすぐに外出。
時間はすでに夕方5時。

仙台に初めて来たのは、きっともう15年ほど前。
アメフトチームのトレーナーをしていた頃。
アメフトのトップチームともなれば、選手、スタッフあわせて100名ほど。
全員で仙台遠征です。

遠征前の練習時、みんなで仙台のどの牛タン屋さんがよいかをみんなで雑談。

仙台遠征、到着したその夜、トレーナー全員でその大きくもない牛タン屋さんに行きます。
そうすると店内のお客さん、ほとんどがアメフトチーム!
そんな思い出もある地です。

もちろん、それからも何度か訪れる大都会。

仙台に到着すると、東京ハンズやロフト、パルコなどは無視!
すぐにアーケードに向かうのがいつものこと。
今日もやばい左足を気にしながら、アーケードのはしご。

こうして旅先のアーケードや商店街を歩くだけで楽しいもの!

さて今宵は何を食べよう?
ここは定番の牛タン?

アーケード街から外れて、細い横丁を歩く。
いつもながら庶民の店がならぶ横丁は、大好き。

少し飲んで居酒屋。
お寿司も魅力。。

でもなぜか旅先で迷うと必ず惹かれる中華料理。
熱海でもなぜか中華料理に行ってたな。

でもこういう時には一人旅も良いもの。
常に好きな物を食べることができるし(笑)

文化横丁にある、中華料理屋さん、廬山(ろざん) へ。

いわゆる町中華。
高級中華とはまったく違う。

店に入れば、中国訛りの日本語のお姉さんが、「いらぁっしやいましぇ~」

こういう時はひとり旅の良いとこ。
遠慮なく好物を注文です。

レバニラ炒めに餃子!

ハズレはありえない!
今回も美味しくいただきました。
ごちそうさまです。

こうして満腹、もうひとつここにきて捻挫した足首の炎症が…
今日は平泉、特に中尊寺でいつも以上に歩きまくり。
その後も仙台で闊歩。

それは悲鳴もあげるというもの。
結局、帰りは地下鉄などを使ってしまい仙台駅に帰還。
負けた気分ではあります、でも仕方がなし。

さぁ、宿で大人しくアイシング…

と思っていたのですが、仙台駅の罠にはまってしまいました(笑)
気付けば、目の前には「厚切り牛タンラーメン」?

中華をハシゴしてしまいました。
確実に胃が大きくなっています(涙)

中嘉屋食堂 麺飯甜(ミンパンティン)
仙台駅構内でも人気、それも経済的な中華屋さん。

せっかく仙台なら、やっぱり牛タンたべとこ!
でもさすがにもう牛タン定食は入らないし…

で、ラーメンに牛タンという選択に落ち着いてしまいました。
美味しかったですよ。
でも仙台に住んでいたら、もっと違う選択しても旨いものいっぱいあるのに~

それにしても食べ過ぎです…(泣)
いつもながら、ニュージーランド帰国が近づくと、リミットが外れだす食欲。
もうすぐ、こんな美味しいものも食べられなくなるんだって。

なんていつもの言い訳…

もはやお腹も苦しい、左足も少し引きずりながら、ボロボロでホテルに帰還。

昨日の部屋の1/4?
狭~い、ふつうのビジネスホテル。

食も宿も、分相応 ってもんです(笑)

明日は4日目に突入。
朝からまた活動しよう!

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント