秋のネイピアと ニュージーランドの今…

その日の日記
+6

サマータイムも終了をして、当然に日が一気に短くなりました。
1時間、時を戻したのだから、太陽も早く沈むというもの(笑)

北島、ネイピアにも秋景色がきております。
ですが日中はまだ半袖でも快適に過ごせるほど。

きっと同じニュージーランドでも南島は冬風が吹き始めているのでは…
穏やかなお天気のネイピア、車で15分ほど走れば樹々の多い公園。

公園というより丘の麓に広がる林。
そんな表現の方がよいのかも。
なんせ、樹、樹、樹、そしてベンチ。
それしかないのですから。

そんな中を散歩する柴犬せんさん。
樹がいっぱいであることは、せんには好都合?
嬉しそうに1本ずつ樹の根本をチェック。
忙しくマーキングをしてまわっております。

樹々を見渡せば、銀杏の実もふくらんでいる。
木の葉は、赤、黄、緑色のコントラストがなんとも見事です。

しっかり秋を実感の散歩です。

もう少ししやを広げてニュージーランドの今。
先日お話をした、オーストラリアとニュージーランド間の旅行自由化がすぐそこ。
タスマン・バブルを待っております。
オージーのみなさん、ニュージーにいらっしゃいまし!
そんな期待感がSNS上にもひしひし。

そんなニュージーランドのコロナ状況、市中感染者も長くゼロの日が続ている。
世界でもこれほどにコロナの心配が少なく、安心して暮らせる国もないことでしょう。

優秀なキウィ(ニュージーランド人)、娯楽のない田舎に嫌気がさしたキウィ。
そんな国民は、国外に飛び出すのがつね。
オーストラリア、イギリス、カナダ、アメリカ…

英語圏の方々は、なんとも羨ましく、大きなアドバンテージです。
なんですが、世界でよい思いをしなかったキウィたち。
こぞって母国のニュージーランドに帰国。

おかげさまで、不動産物件がとんでもなく欠乏です。
結果として不動産価格が高騰中です。。

最大都市オークランドだけではまったく受け入れるキャパがない。
ここホークスベイ地方、ネイピアでも売り物件がさっぱりありません。

タスマン・バブルは嬉しいニュースですが、不動産バブルが弾けそうで恐ろしいかぎりです…
バブル弾ける経験を社会人2年目にした日本人。
鎖国完全開放前にバブルが弾けるなんて御免被ります!

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント