今年、ニュージーランドの クリスマス・イブは?

ニュージーランド情報
+6

12月24日、クリスマス・イブ。

例年ならツアー業務の最中で観光地のどこかにいることも多い。
ですが、今年は本拠地ネイピアでのクリスマス・イブ。

などといいながら、特別にクリスマス・イブだから、ということもありません。
なによりも明日、12月25日、クリスマスがもっとも大切な日!
kiwi(ニュージーランド人)にとってはね(笑)

実質12月に暦が変わった時点でクリスマス!
もう浮足立ってる。
地元ラジオもクリスマスソングの連発でつまらないんじゃ。

クリスマスの花、ポフティカワ。
赤く咲き誇る様もクリスマス気分を早くから盛り上げています。

会う人との挨拶は、クリスマス話。
クリスマスどうするん?
日本から誰か来るん?(来るわけないやろ 笑)

そして明日の25日の本番に向けて各家庭は大忙し。
大切な人からそうでもない人にまで幅広くクリスマスプレゼントをご用意。
そこはお値段で格差を表します。
年賀状のように、みなさんクリスマスカードも一緒に準備です。

って、私はひとつも何もしていないけどね(笑)

こうして12月24日、クリスマス翌日。
一気に走る車や人出が増えます。

みなさん、明日はクリスマスパーティーがお待ちかね。
そのための買い出しに繰り出しております。

明日はクリスマスで祝日!
そして法律上、ほぼすべてのお店が休業です。
もちろんスーパーも酒屋もお休み。

なので、スーパーに繰り出せばいつも以上に大量の商品をカートに入れたお客さんがいっぱい!
クリスマスのために暗く長い冬を絶えて、一気に明日爆発をさせるのです。

クリスマス・イブをニュージーランドで迎えるのも15回目のことでしょうか。
15年間、一度も日本でその日を過ごしたことはありません。
(ほとんど、お仕事ですが 笑)

ですが今年は特別です。
このようにいつもと変わりのないクリスマスを迎えようとしていることが特別。

ニュージーランド国内、もちろん、ここホークスベイ地方ではコロナ感染の心配はほぼありません。
現在のネイピア、マスク率はほぼほぼゼロ。
マスクをしていたら、きっと逆に心配をされるに違いありません。

早期の100日間における厳重なロックダウンと、徹底管理の国境封鎖によりニュージーランド国内はほぼ昨年と変わりありません。
最近はよくコロナ以後の「安全な国ランキング」という記事を目にします。
そこではニュージーランドがよくよくトップに選ばれていたりする。

ニュージーランドの地方に住んでいる日本人としても納得。
それはそうだろうな~
日本語で日本のコロナ状況を毎日気にしていれば、よけいに際立ってしまうニュージーランドの平和な現在です。

そんないつものクリスマスを迎えることがニュージーランド。
15年住んでいても、この国のクリスマスに乗っかることができない日本人の私。
ツアー業務でクリスマスの喧騒な街を離れることがないのなら…

喜んで自らクリスマスの街から護送車で脱出することといたします!(笑)

以上、「キャンピングカーでどっか行くぞ!・イブ」の様子を南半球からお伝えしました。
日本にお返ししま~す!(笑)

Have a very merry Christmas!

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント