自然の中に 身を潜めて…

ニュージーランドでキャンピングカー
5+

街中に過ごしていると、何もない自然の中に飛び出したくなるこの頃…
40分もドライブをすれば、そこはまさしく建物ひとつなくなります。
護送車(キャンパーバン)ごと深い自然の中に身を潜める。
季節も長い冬を越えて、夏間近の春。
寒さもなく、日陰では暑さもない。
ただただ快適。

なるほど、自然の中にたたずむこの感覚…
kiwi(ニュージーランド人)は遺伝子の中にしっかり受け継いでいるのか…

片時でなく、まして一時のブームでもない。
時間さえ許せば、街の喧騒から離れ、自然の中に。
それがニュージーランドの国民性であり、文化。

いまさらにキャンプや車中泊が人気になることなどない。
人気ではなく、kiwiの生き方の一部。
そんなことが、今さらながらに最近わかってきた…
15年も住めば、少しは日本人の遺伝子にも何らかの変異が現れだしたらしい(笑)

なにひとつない、キャンプサイト。
公共の無料サイトともなれば、あるのはトイレのみ。
それも水洗であるはずもなし。

聞こえてくるのは、川の流れ。
それは決してやむことないBGM。

川の向こうに広がる丘の牧草地。
遥か彼方、丘の中腹には羊の親子が歩いています。
ハイジの実写版を観ているようです(笑)

そんな川のほとりを柴犬と散策していると、柴犬が立ち止まり、耳をピンと立てる。
こやつにはしっかり聞こえている…

動こうとしない柴犬せん。
仕方がなく、一緒に音を探してみる。
人間の中でもきっと過敏な聴覚は、かすかな牛の鳴き声をとらえる。

猟犬の遺伝子を持つせんには、きっと懐かしささえ感じる音なのかもしれない。
もちろん吠えることもなく、自然を楽しんでいらっしゃる。

10月1日からの年間パスを購入して勤しむトラウト釣り。
ライセンスは新シーズンになろうとも、トラウトが活性化するにはまだ早すぎます。
当たりもなく、ただルアーをキャスティング。
その間、じっと座って眺めるせん様。

なんとも賢い猟犬のように見えるではないか(笑)

街中に住んでいれば、聞こえる車やバイクの音。
パトカーや救急車のサイレン。
近所から漏れてくる重低音のミュージック。。

どれも気にすることなく、やり過ごす毎日。
それが街の生活。

そんな日常音は一切しない。。
きっとこれだけでも、脳みそが快適に落ち着けるのだろう。
というより、あるべき姿を取り戻し始めたのかもしれない。
言いたいことは、きっと伝わらない…
文章力の未熟さよ…(泣)

風の音
川の流れ
動物や鳥の鳴き声

そして遊び疲れた柴犬さん。
こちらも街中で聞こえてくる犬や猫の鳴き声も皆無。
何も気にすることなく、勝手に反応する脳みそもお休み…

もうすっかり慣れたもの、車内の専用ベッドで爆睡
気持ちよさそうなイビキが車内に流れています。
まだ午後7時だけど…(笑)

翌朝、自然に抗うこともなく、陽が昇る午前6時頃。
日本人は柴犬に起こされるのです…

そんなん……
ゆっくり寝かせておくれ…
いつもより全然早いって…(泣)

ニューランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント