ニュージー・グルメ情報 第20弾 「アイスドゥ・コーヒー」

- ニュージー・グルメ情報
+5

寒い日本とは真逆に、夏の12月。
ニュージーランドは一番良い季節を迎えています。

日差しの強さは、サングラスや帽子なしではつらい。
日焼け止めを塗れども、アジア人のメラニン色素はしっかり日焼けで黒いお肌に(泣)

こんな夏といえども、温かいエスプレッソ『カプチーノ with シナモン』はほぼ毎日の日課。
ですが、この季節には、たまに冷たいものも欲しくなります。

冷たいコーヒー。u
日本ではもちろん『アイスコーヒー

NZでは、『アイスドゥ・コーヒー

この2つ、似ているようで非なるなるもの。

もちろん日本のような『アイスコーヒー』的なるものもあります。
写真、飲みかけで失礼しました(笑)

でも、NZの『アイスドゥ・コーヒー』の『アイス』が意味するのは、きっとアイスクリーム。
この『アイスドゥ・コーヒー』を構成するものは以下のもの。

1. エスプレッソコーヒー
2. 牛乳
3. 生クリーム
4. バニラアイス
5. チョコレートシロップ

もちろん1と2がなければドリンクは成立しない。
そして3~5の量などは、各お店ごとに違うんです。

これがすべてフル。
生クリームは上にクルクルと乗せてくれます。
チョコレートシロップは、最後に生クリームの上からドバ~と。

バニラアイスですか?それはもうコーヒーの深くに沈んでおります。
おおよそ、ワンスクープほどしっかりと溶け始め。

ニュージーランド在住の始めは、よくもまぁ、こんなドリンク飲むよな~
と思っていたのに、もう平気で注文をしてしまう現実…

こんなドリンクには、ベルギー・ワッフルなどと一緒に楽しめば、もうそれは幸福感もいっぱいです。

今日も車で移動途中に、いつものテイクアウト・カフェに寄ると、ついつい購入したのが写真。
このアイスドゥ・コーヒーの底にも、しっかりアイスクリームが潜んでいるのですね!

えっ、カロリーですか?
生クリームもアイスクリームも、溶けてなくなるから、「カロリー ゼロ!!」(笑)

そうだ、今日から恒例の減量期間に突入したのだった….
もちろん、減量の理由もいつも通りです。

日本で美味しいものをいっぱい食べるからですね。
減量せずに日本帰国をしてしまうと、NZ帰国時にはもはや他人のような姿になってしまいます。
太りやすく、痩せやすい体質です。
もう慣れっこ、さぁ、余裕でがんばろ~

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント