ライフセーバー が活躍する真夏の海!

ニュージーランド情報
+6

日本からは雪のニュースが届いている今…
ここニュージーランドの北島は真夏の日差しが強烈な日々。

例年、この時期には日本滞在中。
ですが、今季はとても珍しくニュージーランドの夏を体感です。

やはりこの時期は旅やキャンプ先にビーチを選択。
ビーチにはサーフィン、ボディーボード、海水浴の皆々が楽しんではる。

コロナ感染を気にすることもなく、夏の海を満喫できる国はとても珍しいはず。
恵まれた恩恵を受けているともいえます。。

そんな海の水難事故を防止するのが、ライフセーバーさん。
夏だけではなく、年中活動しているはずですが、やはり夏はお忙しい。

写真にある、赤と黄色のフラッグが2本ビーチに立っています。
この2本の間においては、ラ位フセーバーが監視中。

ですから、このフラッグ間で泳ぐ人がほとんどであるこの時期。。
のですが、けっこう無視をして他のビーチでも余裕で楽しむkiwiも多いんです。
そういう点は、基本的に何事も「事故は自己責任」の国。
大した注意をされることもなく、何かあっても知りませんよ!的な状況が普通。

ライフセーバーさんが緊急を察知すると、ボートを飛ばして救助に向かう。
そんな様子はきっとテレビ番組でも観られたことがあるかと。

ライフセーバーさんが日頃からビーチで訓練をする姿はよくよく観ます。
ニュージーランドでは、プールがない学校がほとんど。

ですから日本のように学校の授業で泳ぎを覚える機会が少ない。
結果、海で泳ぎを覚える人が多くなります。
きっと泳げない率は日本より高いのかもしれません。。

生きる術(すべ)のひとつとして泳げることは、とても大切だと思う私。
全身の関節が極端に柔らかいことをプラスとして、小学校までしっかり水泳に打ち込みました。
結果、泳ぐことに困らない人生。
それは良かったです!

あまりにも関節が柔らすぎる、全身性関節弛緩症。
ルーズジョイントともいいますが、大人になってからは大怪我の原因となり、人生も変えてしまうことに…(笑)

日本ではスポーツフィールドにおける怪我人を救助する。
それをお仕事のひとつとしてきました。
怪我ばかりした結果、そんな仕事をすることを夢として、人生の道を大きく変えたことも現実。

なので、海での救難作業をするライフセーバーさんを、尊敬と憧れの眼差しを今でも送ってしまうのです。

アホな私でも、今からライフセーバーを目指すことはありませんので、ご安心ください(笑)

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント