第9話 キャンパーバンの湿気対策!その1

ニュージーランドでキャンピングカー
6+

護送車(ハイエース・バン)での車中泊をする。
すると、いかに室内の湿気対策が必要かが理解できます。

室内(運転席ではなく、荷室)はガラスとむき出しの金属壁。
そうなると、すべての窓や金属部分に冬は結露がしっかり…(泣)

何もしなければ冬の夜は冷気が漂い、気温がグッと下がる。
特に朝方の冷え込みは厳しいんです。

そこでまわりを囲むガラスにカバーをかけましょう。
防寒、防湿対策です。
日本ではハイエース専用のものも販売(高価!)されています。
そんなものは、ここ南半球の底には伝来されていない…(泣)

ないとなれば、そう、作るしかない…

本格的な冬を前にしていかに作ろうかと長く検討…

そうでした…
日本でのハイエース改造についての動画を観ていると、夏の暑さ対策の方が大変そう。
ですが、ここニュージーランドの夏は湿度も低く、とてもカラッとしています。
なので、夏のバン室内は、強い日差しを避け、とっても快適なんです。
日本ほどの過酷極まりない暑さはありません。

そのため、冬対策に集中できるわけです。
とってもありがたい!

そこで、冬対策用、防寒・防湿対策・窓カバーの作成手順は…

・スポーツバカのお国ゆえに、ヨガマット類は種類豊富。
それを窓に合わせて切断。

・それだけでは断熱が弱い。
ということで、エマージェンシー・ブランケットを窓側の表面に張り付けよう!
あれです、山で遭難した時に、薄っぺらい銀色の毛布で体温確保するもの。
って、もちろん実際に使ったことはありません(笑)

ということで、製作中。

窓の型を通常を取って、というのが常套手段。
ですが、今回はもうすぐに使いたかったので、適当にまずカット。

その結果は、もちろん4枚のうち1枚が寸法ミス…(泣)
まぁ、よい。
貼り付け、貼り付けでごまかそう!

まだこの後には、エマージェンシー・ブランケットの貼り付け作業があります。
ですが、ここでキャンプサイトに向かう時間です。

ひとまず見切り発車!

夜は、適当に切っただけのヨガマットを窓全面に貼ります。
貼るといっても、日本で購入した超強力磁石を利用して仮止め。

夜を迎えて、車中泊。

お~、隙間いっぱいながら、これだけでも室内温度が違う。
よしよし、これからしっかり完成させよう!ということで、帰宅です。

再びの製作開始前に、湿気で濡れたヨガマットたちをしっかり、強い日差しのもと、干しましょう!

色々なものをしっかり干す必要がございます!?
あれ? 写真の奥…(笑)

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント