NZ帰国の途に…【最終回】~動画消しちゃったからブログで~

- 日本帰国生活

前回のブログ【その5】は、長いお話となってしまいました。
ニュージーランドの玄関口であるオークランド空港到着後…
はい、無事にNZ入国をしました。
したのですが、まったくもって喜ぶ暇もありません。

オークランド空港からNZの拠点であるネイピア空港へ向かうため、国内線ターミナルへの移動が待ち構えています。

オークランド空港の国際線ターミナルと国内線ターミナルは離れている。
16年ほど前、NZに語学学校生として来たばかりの頃は思っていました。
「そのうちターミナル間にはモノレールでもできるのだろう…」

あれから長い時が経ちました。
ですがモノレールなどさっぱり存在せず!
昔はニュージーランドのことをよくわかっていなかったのね(笑)

16年前も今でも国際線と国内線のターミナル間移動方法にはまったく変わりがありません。
以下のように、大きく2つの方法があります。

A. ターミナル間を徒歩移動
B. フリーシャトルバスで移動

今回の騒動をお話しながら、ABに分けて移動方法を説明していきましょう。

A. ターミナル間を徒歩移動

NZ入国後、右折。国際線ターミナル間内を突き当りまで歩いてみます。
そして屋外に出て続く歩道上にはグリーンのラインがあります。
このラインに従って歩けば10分もせずして国内線ターミナルに到着です!
簡単!迷いようもありません。

そうだ、スーツケースなどの荷物の大切なお話をしなければなりません。
国内線に乗り継ぐ飛行機の出発時間まで、まだ1時間以上ある場合…
(もちろん国内線チケットがすでにある場合です。)
その時には国際線ターミナル内の荷物受付で、国内線搭乗時預ける荷物を受け付けてくれます。
つまりわざわざ国内線ターミナルまで大きな荷物を運ぶ必要がありません。

ですが、今回の帰国では入国時点で、ネイピア行の出発時間まで40分しかない。
なので、この時点で国際線ターミナル内でネイピア行のために荷物を預けることはできませんでした。
まして、前回のお話をした通りに、なんと歩道が工事中で通行ができなかった…

ですからこの時には、徒歩で国内線ターミナルに移動することは不可能。
通常は、お天気さえよければこの徒歩移動をオススメします。
荷物を載せたカートを押しても大丈夫。
ロングフライト後のストレッチも兼ねて歩きましょう!
まったくこれで問題ありません。

の、はずだったのに…

 

B. フリーシャトルバスで移動

と、いうことで今回はバスで国内線ターミナルに移動するしかありませんでした。

そうしたらいいやん!

いやいや、これはとんでもなく大変なんです。
フリーバスとはいえ、15分おきに到着するはず。
なんですけど、時には30分してもさっぱりバスが来ないこともある。

何より大きな問題が…

今回も含めて日本からNZ帰国には、大きなスーツケースが2つ。
機内持込荷物の小型スーツケースが1つ。
これをバス内に持ち込まなければならない!

さぁ、どうなる?
もう国内線チェックインの締切まであと10分!
とっても運よく国際線ターミナルのバス停に向かうと、バスが待っていました。
もしかして間に合う?

さぁ、ここからが大仕事だったんです!
バス内は満員。
そしてバスの床には乗客のスーツケースがすでに散乱!
このバスの荷物置場なんてほんの少しでまったく足りないんだ。

焦りながら私もバス内にスーツケースを引きずり込む!
もうなんだかわかんないけど、満員バスの床にドカン。
ごめ~んと謝る暇もありません。
そして一目でわかるクイーンズタウンに向かう乗客も来た。
みんなスキーやスノボーの超特大荷物を持ってはる~!

仕方がない、ここは手伝うしかない。
他の乗客と一緒に、バスに大荷物を投げ込むかのように!(笑)
クイーンズタウン行きのチェックイン締切まであと5分らしい。。

いつもなら徒歩移動が当然で、ターミナル間バスが混むこともありません。
この時には歩道が工事中で使えず、大量の荷物と大量の人間でバス内グチャグチャ!
動画なんてまともに撮る余裕もなく、こんな写真しかありません(笑)

もうバスドライバーはあきらめ顔で出発します。
5分後には国内線ターミナル到着。

そしてひとまず便数も少ないクイーンズタウン行きの荷物をみんなで外に放り出す!!
スキー、スノボー、スキーブーツ…
きっと北半球からNZへスキー旅行に来た旅行者たち。
まさかに入国すぐこんな困難が待っていようとはね…
NZに悪い印象持たなければよいけど。

その旅行者に向けてみんなが声を掛ける
「行け~!走れ~!まだ間に合うかもー!」

こうしてやっと自分の荷物もバスから引きずり出し、カートに載せる。
そして国内線ターミナル内をカートを押して走る!!

もしかしたら間に合うかも!?
間に合わなくて、次の便も満席だったりすると…
また南島のクライストチャーチ経由にチケット変更されたりするかも?
それは千葉の成田空港から、福岡空港経由で大阪の伊丹空港に帰るようなもの。
今まで何度となくこの長時間を要するチケットへの変更を経験している私。

ロングフライト後の疲労などかまっていられない。
到着したチェックインカウンター。
おばちゃんにチケットを見せて、
「間に合う?」
「ギリギリ大丈夫よ~」

お~仏様! じゃないここは神様かぁ
奇跡的に間に合いました!

みなさん、オークランド空港での国内線乗継には時間に余裕を持って手配しましょう!
今回の私は1時間40分もあっても、このようなことに~
まさかに歩道が使えないなんて予想もしない。
予約時はチケット変更も覚悟していたのですが、慣れない方には絶対に避けてほしいです。

できたら3時間ぐらいあった方が、入国審査やターミナル移動中も気持ち的に余裕が。
そうしましょう!
(弊社を利用される留学生さんや旅行者さんにも向けて、大きな声でお伝え中!)

オークランド空港を出発して50分もすればネイピア空港到着です。
機内は疲労と睡眠不足で記憶があまり定かではありません(笑)

自宅では滅多にシッポなど振らない愛犬のせんさんがお待ち。
すぐに、ヘソ天の姿を見せてきました。

こうして2年ぶりの日本帰国からNZへと戻ったのです。

お疲れさま、自分。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

もうニュージーランド入国条件には、日本での事前PCR検査も必要がなくなりました。

美しいニュージーランドにてお待ちしております!

 

ニュージーランドライフをYouTube動画でお楽しみ下さい!
NZ-Shiba SEN チャンネル

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

▼ YouTube チャンネル登録はこちら ▼
https://bit.ly/3mirIbu

コメント