旅が終わって振り返る いろいろ…(前編)

-旅の記録
+5

「護送車」の洗車、車内清掃も終えました。
10日間の旅にて、車中泊の主役を担った寝袋さん。
強烈な日差しの下で干されました。

ここで10日間を少し振り返ってみます。
ただ先にお伝えせねばなりません。

ツアーガイド&ドライバーとしてツアー業務上、行くべき観光ポイントには、ほぼ行っておりません。
オークランド、ウェリントンのテパパ、土ボタルツアー、タウポのフカフォール(写真)…
すべて無視をしての行程です。
どうかお許しを…

いわばkiwi(ニュージーランド人)がホリデーを旅する地がメイン。
もしくはニュージーランド旅行が初めて、もしくは2回目でもない日本からの観光。
3回目以降にぜひオススメしたい場所であったりします。

いわゆる観光地として有名な場所をあえて外したい!
そんな方には良い旅の行程かもしれません(笑)

本拠地としているホークスベイ地方のネイピアに帰ってみると…
しっかり夏です!
日差し強く、キレのよい暑さを感じます。

旅をした西海岸のかプティコースト地方では相変わらずの強風と寒さ。
内陸部のワイカト地方は、夏とは思えぬ寒さ、冷え込みと強い雨。。

やはりホークスベイ地方の恵まれた天候は、他地域とは違うものです。

これは仕方がありません。
日本でいえば、静岡県の伊豆地方に住む方が山梨県、長野県を経由。
そして新潟まで旅をするようなもの。
夏であっても、伊豆に比べるとどこも寒さを感じるというもの。

ネイピアとは伊豆のような地です。
(伊豆に失礼でしょうか?笑)

こんなお天気でニュージーランドを旅すると実感を強くします。
夏であろうとも、日焼け止めとサングラスさえあればそれほど暑さ対策は重要ではありません。
それよりも寒さと雨のための準備は年中必要です。
もちろん南島の旅であればなおさらです。

さて今回の旅でもほぼほぼ一度は行ったことがある地ばかり。
旅を仕事としてしまうと、残念ながらこういうことになります(笑)
どうしても新鮮さに欠ける。
もちろん、ブログでもお話した通り、これからのツアー業務のために情報のアップデートは大切。
ですが、やはり業務でない私的な旅なら…
「♪ 知ーらない街を 歩いてみたぁ~い ♪」

はい、今回はそれが Whanganui の地。
思っていた以上に大きく、オシャレな街でございました。
せんさんもオシャレすぎる街並みに落ち着きなく。。
(ですが、こやつはオークランド生まれなんです…笑)

あ~ニュージーランド国内旅行ではなく、国を飛び出したい。
知らない国を早く旅してみたいものです…(泣)

日本はコロナ感染者の増加で再び自粛要請が打ち出されています。
それに比較してニュージーランドの平和な様はきっと世界で特別。
けっこう密な場所にも訪れました。
ですがこの10日間で見かけたマスクをした方はゼロ。
こうして国内旅行を何の心配もなくできる状況に感謝するべきですね。

(中編)につづく。

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント