わたしの愛用品 03 『シャーペン&ボールペン』

わたしの愛用品
+5

なんとも地味なところを突っつきます。
ですが、この話題を外すことはできない、愛用品シリーズ。

って、こんなブログ、誰が読んでくれるのだろうか?
誰かひとりでも、納得したり為になったりするのでしょうか?

まぁ よい!
気にせず、ただ書けばよい!(笑)

大袈裟でもなんでもなく、シャーペンとボールペンはこれだけ。
この人生、できるなら次の人生もシャーペンとボールペンを使い続ければ満足。
もうこれだけで、事足りる…
そんな物を見つけたことは、幸せなことです。

シャーペンから。
このシャーペンにであってから、はや30年ほど。

法学部を卒業して、半年後、訳わからず私は製図を仕事のひとつとしていました。
そのお話は昨年したはず。

当時の製図作業は、ドラフターに向かう手書きとPC相手のキャドの両方でした。
まだまだ手書きでの製図も多かった頃です。

となれば製図に向くシャープペンシルは大事。
色々な物を試した結果、これに出会ったのです。

『ぺんてる グラフペンシル PG5』
(以下、PG5

これは製図用のシャーペン、製図のためのシャーペンともなれば、けっこうな精度が必要。
精度が高くなると、お値段も高くなってきます。
たかがシャーペンも、業務用ともなれば高価な物も。

一応、少しお高い物も試してみたのですが、しっくりこない…
何千円もするシャーペンを何本と揃える余裕は新社会人にはない。

それならとお安い500円ほどだった、PG5をダメもとでお試し。

なんとも驚き!
軽い!バランスが良い!そしてお安い!

それ以降は、ずっとPG5のみ。
サラリーマン辞めてから、受験した3度の国家試験もPG5で…

ニュージーランドに移住してからは、もっぱら木材へのケガキ作業で。

文字を書くにも問題なく、そして線引きにはこれ以上の物は見当たらず。
こうして、この30年、身近にこのシャーペンが無いことはありません。

もうこれだけでいいんです。

ボールペンの出番。

数限りなく種類があるボールペンです。
ハンズに行けば、驚くほどに種類豊富。

ですが、ボールペンはPG5同様に、この人生はこれだけ…

『三菱uni ジェットストリーム』

はい、こちらは有名すぎるほどに、愛用者も多いはず。
もう、このボールペンの書き味、スムーズ、なめらか。
途中でインク切れするこもない。。

大好きな作家、伊集院静さんも愛用、とエッセイで…
つい最近聴いていたオールナイトニッポン(ラジオ番組)で、吉田拓郎さんも愛用されていると…
(拓郎さんは0.5mm派、わたしはずっと0.7mm派、太さのこだわり)

日本でもニュージーランドにおいても、業務中のメモはボールペン、ジェットストリーム。
これなくしては、もはや困ってしまうのです。

時にホテルの受付などで他のボールペンを使うと、ジェットストリームでなければ気持ちが悪い。
「この書き味、全然違う… すべらない…」
そんなことを心でつぶやきながらの我慢。。

近年は日本での添乗業務中は、もう首からずっとぶら下げています!

ボールペンの書き味はジェットストリーム。
ですが、ジェットストリームの外見は決して好みなわけではない。
なら外見がボールペンを購入、でもインクはすぐにジェットストリームに取替えて使用。

外見だけが好きでイニシャルを入れて愛用したボールペンも同じく、インクだけジェットストリーム。

なので、ニュージーランドにいても、ジェットストリームの替えインクを在庫がいっぱい!
日本の本拠地にも同じく在庫がいっぱい!(笑)

こうしてこだわり強く、ニュージーランドにおいても日本製を頑固に愛用し続けるのです。

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント