写真と 小ネタ!#18 ’21 3月 旅の途中で…

写真と 小ネタ!
+5

「写真と小ネタ」シリーズ、今回は特別編。
3月の海峡をわたる旅にて拾った小ネタを少しおすそ分けです。

ニュージーランドの首都、ウェリントン。
首都といえども最大都市ではありません。
オークランドが断トツにひとつ大きいんです。

小さくて綺麗なキャピタル、ウェリントン。
こよなく愛する街でもあります。

ウェリントン郊外。
といえども、中心から15分ほどのドライブで。
そしてウェリントン空港からなら、5分ほどの海岸線。

そこに立つ標識がこれでございます。

ワイルドだろぉ~!
夜中にぴょこぴょこペンギンさんが歩いてはったら、しっかり停止して見入りそう!

この青く目立つ看板。
北島では観たことがありません。

南島のウエストコーストをドライブしていると、よく見かけました。

この看板からわかる情報は?

この地をキャンプ地としてもOK!

Certified Self-Contained only
キャンピングカーとして検査を受け、認められている車のみOK!

最大2泊までのキャンプをしてもよいぞ!

釣りもできる!?

なんともキャンピングカーに優しいウェストコースト地方でございます。

南島にある大都市のひとつ、ネルソン。
その街でお昼時に行列ができるお持ち帰りのお寿司屋さん。
店内はお客さんでいっぱい!

なんですが…

この店名は、衝撃的かもしれません。
ですが日本を離れ、海外に出たのなら日本と韓国に対する意識など、こんな感じです。
店のオーナーは、きっと日本人ではないはず。
もしかしたら韓国人でもないのかもしれません。

Kiwi(ニュージーランド人)にとっては、お寿司とキムチが一緒に並んでも問題ない。
多数の日本人にとって、羊とコアラが一緒に並んでいても違和感がないかもしれない…

それと同じようなことなんです。


ニュージーランドは、
「何か事故があろうとも、まず自己責任!」
意地でも、落下防止フェンスなど設置などするものか(笑)

このテーブルの先は絶壁。
おにぎりはコロコロ転がる、それもけっこう長い距離を落下していく!
おにぎりどころではなく、楽しいランチ中に足を滑らせたのなら、命はありません。

眼下を見渡す、素晴らしい光景を楽しむランチはいかがですか?
ワインをグイッと飲みながら、スリリングな思い出づくり!?(笑)

きっと忘れられないお食事となることでしょう。

弊社ヨッテコットツアーでは、絶対にオススメは致しません!
安全第一でお願いいたします!

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント