ニュージー・グルメ情報 第24弾 「サラミ」

- ニュージー・グルメ情報
5+

1か月以上ご無沙汰でした、ニュージーランドのグルメシリーズ。
このひと月に何があったのか…
もちろん、それは「ロックダウン」。

別にロックダウン中でもスーパーマーケットは通常営業していました。
ロックダウンだからといって、グルメ情報を自粛していたのでもありません。

気持ちの問題ですね。
なんとなく書きづらいもの…

今週木曜から大きく規制緩和も決定したので登場です。
今回は、「Pieters Salami」サラミです!

サラミなんて、日本にいる時には、私は意識をして食べたことがない(笑)
もうサラミは、ピザの中にのっかっているもの。
そんな意識しかございません。

きっとデパ地下にいったら、スライスされたサラミさんが上品に高価で売っているのでしょう。

なので、サラミをこれほど食べるようになったのは、ニュージーランドに来てから。

もちろんニュージーランドでもスーパーのお惣菜コーナーにもお高めなサラミが量り売りでございます。
ですが、私はこのスティックタイプの「Pieters」というメーカーのサラミがお好き。

これはニュージーランドのスーパーではよくよく目にします。
ですが、同じ商品でも、ちょっとゴージャススーパーのNew Worldでは、$5.80ほど。
これが、庶民の味方、Pax′n Save(パッキン)だと、$4.80。

なんと1本1ドルも違うではないですか~
もちろん、あたしぁ、パッキンに足運ぶ。

このサラミ、いくつかのお味があります。
ペペロニ、ダッチ、イタリアン、ダニッシュ…

きっとすべて試しました。
落ち着いたのは、こちらのスパニッシュ チョリソー!

少しピリ辛、そしてスモーキーなお味。

サラミなんてお酒のおつまみやん!
というお声も聞こえてきます。
が、私の日常にはあまりお酒が登場してこない人生。
登場するのは、朝食がほとんどの寂しい男です(笑)

毎朝5センチほどをスライスして、つまむんです。
たまにはサンドイッチに、たまにはスパゲティの中に…
オムレツ作る時にも良い。
お好み焼きの中に隠して和洋折衷にも(笑)

豚やきそばは、スパゲティを固めに茹で、炒めて焼きそば味に。
そこへ豚肉代わりにサラミが入ったり。
なんせ、薄切り肉を食べる文化がないので、肉の塊をスライスするのが面倒…
なら気軽にサラミを入れて、はい、出来上がり!

まぁ サラミなんて海外でオシャレな食事をしてはる~
ね、こんなベタな日本人がサラミを朝食になんてお話してる(笑)

日本にいるのなら、毎日お漬物やたくあんを遠慮なく食べるところ。
そんなん無理だから、仕方がない……
代用品を見つけながら、こうして海外で生きていくのです。

早く日本帰国できますように…(泣)

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント