ロックダウン解放後、最初の終末を迎えて…

その日の日記
5+

あんまりお天気はよろしくないネイピア。
ネイピアでこのお天気なら、ニュージーランド各地はもっと天気は崩れているのかも。

それでも、ロックダウンから解放されて最初の週末です。
ネイピアのkiwiもどことなく表情も解放的!

海に行けば寒さに負けずにサーフィンやジェットボーをは楽しむ。

相変わらずにではサイクリングやマウンテンバイクが人気です。

日本なら遊園地に、デーパートへと人だかりもできるはず。
そんなものは存在しない。
でもそれなりに楽しむことを知っているのがkiwi、自然相手に遊ぶことが日常です。

ただ現在はもちろんのこと、海外からの旅行者ほぼゼロ。
それならと国内旅行者をあてにするしかないのが、観光業。

でもkiwi(ニュージーランド人)は、いかにお金を使わずに楽しい旅をするか…
それに関しては、きっと世界有数に優れているのです(笑)
つまり経済回さずに旅をしてしまうんですね。

これではやはり観光業界、宿泊施設やアトラクションもなかなか苦しい。
バンジージャンプ、この際だから飛んでみよう!というkiwiは極わずかに決まってる。

観光業界だけでなく、レストランやパブなでの外食産業だって同じくつらいのかも。

そんな中、職を失ったパイロット34人が、電車の運転士の職に応募…
空を離れて、陸へ…
そんなニュースを読みました。

それはそうだ、国際線なんてほぼほぼ飛んでないに等しい。
ニュージーランド国内線だって通常の2割しかフライトしていない…

考えてみればパイロットなんて本当につぶしの効かない職業です。
飛行機が飛ばなければ仕事になりません。。。

昨年はパイロット不足で引き抜きさえ頻繁だったはずなのに…
まさかまさか、今は明らかな余剰人員になるとは… そんな気持ちでしょう。

大手企業、高収入職業だと思っていても、びっくりの状況が今です。
きっと日本も同じことですよね。
日本よりもずっと勤務先を変えたり、キャリアチェンジをすることには違和感のない国なので、どこか悲壮感が小さくは感じるのですが…

とはいえ、ひとまず解放された週末を楽しもう!
そんなおおらかさは、kiwiの特徴です。

まぁ。日本人としてはもう少し静かにしていただいても~(笑)

ですが、こちらは日本人でありながらも、ニュージーランドに住むことを許されている身の上でございます。
感謝の気持ちの方が、やはり大きいので、小さな不満は言わないでおきましょう~
いつもそこに行きつくわけです(笑)

さて、私は終末をどう過ごしましょうか?

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント