長雨の後、快晴の日曜日に

その日の日記
5+

6月も終わりがすぐそこ。
2020年の半分が過ぎようとしています。

なんとも瞬息で過ぎ去る時。
この6カ月間のうち、ロックダウンが約100日間も含まれているため、何をしていたやら…(笑)

そうして7月ともなれば真冬のニュージーランド。
日本の1月に相当する季節です。

先週はほぼ毎日の雨模様。
雨が降ろうとも、冗談なしに一度も傘などさすことなく、カッパさんと長靴が活躍です。
ニュージーランドでは傘をさす習慣がありません、少しぐらい濡れても気にしない。
家の愛犬もニュージーランド文化に染まったか、せん様は雨が降ろうともおかまいなしに散歩を強行催促。

コロナ騒動など、もはや過去のようになっているニュージーランド。
久しぶりの晴天、日曜日です。

よくよく行く川が流れる森林公園へ。
さすがにここには雨が降る日には遠慮してしまいます。
ネイピアと隣町ヘイスティグス、その中間に位置する人気公園。
特にここは犬の散歩のためにある公園です。

久しぶりの晴天に行けば、駐車場の車、人間、それ以上に犬さんがわんさか!
犬さんがいっぱい闊歩する状況を、せんさんはさっぱり嬉しくありません。
こやつは、本当にインディペンデント。
一人、じゃなく一匹で好き勝手にしているのが至福の時。

公園にいっぱいの犬たちを無視。
まずは公園となりの羊さんを一匹でゆっくり見学中。
最近、特に無料動物がお気に入りの犬でございます。
きっと自分が動物であるとは思っていない…(笑)

いいかげんに行くぞ!とけしかけて、土手を登り公園にもどる。
さっぱり他の犬と仲良くすることもなく、水泳スポットへ。
いつもは透き通って綺麗な川の水も、長雨の後で濁っているのですが、関係ないですね。

柴犬の遺伝子、泳ぎは好きではないが、脚が届く浅瀬は大好き。

ということで、冬の季節に関係なく水浴び。
そこに多くの犬も近づいてきはる。

それでも一緒に楽しむことなど、まったく念頭にはない。
結果、一匹取り残される…
いつものせんさんです。

せんも早いものでもうすぐ8歳。
その性格は子供の頃から、まったく変わりない。
遺伝子とは怖いもの、どこから受け継いでいるやら(笑)

そんなことを思っていれば、自分のことを考えてみる。
平気で日本も、ニュージーランドでも、世界でも、一人旅を楽しむ。
組織に組み入ることを好まず、「仕事をつくることが仕事」として生きています。
まさしくインディペンデント、依存せずに独立して自由に…

あれ、どこかの柴犬とそっくりかも…
柴犬が飼い主に似ているのか…
遺伝子はあまり関係ないな(笑)

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント