帰国前の 食品在庫確認!

その日の日記
+5

日本帰国前にバタバタしております。
日頃からひとつひとつ処理をしておけば、楽できるはず。
ですが、帰国前にひとつひとつ処理すべきことを思い出す…

そんな作業中にも、必ずせねばならないことがある。
それは食料品の在庫確認です。

これにより海外在住者の全員が日本帰国時に行う買い出し!
このためにも必須作業です。

食料品の中でも、日本人として常備しなくては生きていけないものがある。
もちろん、この時代、海外に住んでいても日本の食品をまったく購入できないことはない。

それでも日本のスーパーはまさしく天国でございます。
なんでも揃う!なんでもすぐそこに!

ひとつひとつ基本のものだけでもご紹介。

 

お醤油!

もちろん、海外でもお醤油を購入できないことはまずありません。
中国産、韓国産しょうゆ、それはそれはお安く買えます。
ですが、日本産に比較してどうしても薬品のお味がみえてしまう…

日本メーカーさん、ヤマサしょうゆ&キッコーマン

もうこの2つのお醤油の味を知っている日本人の舌。。
やっぱり美味しいんだ。
しょうゆがない生活などありえません。

ただ、この2大メーカーのお醤油、海外では値段が高いんです!(泣)
中国産や韓国産の3倍でもおかしくない。。

それが日本のスーパーに行けば、とんでもなくお安く購入できる。。
でも、でも問題があるんです。。

えきたい、液体は重たい!!
しょうゆは大きなボトルでも買って帰りたい!
でも重たい…
なので、毎回、ニュージーランド帰国時に荷物重量とのご相談ですね…

ソース

お醤油を誉めたあとに、ソースのお話。
毎朝のようにいただく、目玉焼き。

目玉焼きには、しょうゆ派?or ソース派?

わたしは迷うことなく、ここはソース派なんです。
そしてここ数年のマイ・ソース。
それは、『オリバー どろソース・辛さ5倍』

関西人にはオリバーソースがかかせない。
広島人におたふくソースのような存在でしょう。

オリバーさんのソースでも、こってりのドロ。
そして辛さがプラス。5倍といってもそんなに辛くなく、少しスパイシーぐらい。

これはなかなか関西地方でしか入手できないソース。
けっして買い忘れてはいけません!

だ し

出汁です!
出汁さえ美味しければ、日本人としては文句言えない。
出汁が弱かったりするだけで、それ以外の調合よくとも、文句言いたくなる。
よく中国人や韓国人の和食を外食で食べると、これまた出汁よわ~い、悲しい味になります。

そして、博多のH様のおかげで、最近はずっとニュージーランドにいながら、とっても贅沢で美味しい出汁の生活をしています。
本当にありがとうございます!娘さま、入試頑張って!

この写真にある、お出汁さん、もう日本中で有名でしょうが、やはり美味しい。
(写真、綺麗でなくてごめんなさい。。)
どんな料理もワンランク、ツーランクアップをお約束です。

美味しい出汁を贅沢に使える海外生活、ありがたいものです。

 

かつおぶし、削り節

わたしは何にでもかつお節や削り節をかけてしまう。
ご飯にかけて、お醤油。
猫まんま、なんて言い方もできるのでしょうが、これに糠漬けあれば、ほんとうに日本人。

やきそば、ラーメン、うどん、そば、チャーハン、目玉焼き、野菜炒め…
なんにでも、かけてしまう。。

すみません、あまりよろしい食事の仕方ではないかもしれません。
でも好きなんです。

もうひとつ、なんせ、これは軽いんです。
荷物重量を抑えたい、その目的にもバッチリ!
おまけに衝撃に対する緩衝材の役割までしてくれます!

日常、アンチエイジングにもいいんだ!と心で言い訳して、パラパラと(笑)
そんな食生活を大人になってずっと!

効果はあるのでしょうか?(笑)

毎回、食品税関検査では、削り節バトルです。
削り節やかつお節を知らない検査員は多い。
もうバトル覚悟で、ここぞと言い合う。
こんな貴重品をお取り上げなんて許さない!
海外在住も命がけさ!(笑)

 

マヨネーズ

さぁ、もうマヨネーズといえばキューピーに決まってる!
キューピーは日本の卵の消費量の1割を消費している会社。

世界にはマヨネーズも数多くある。
ですが、キューピーの味を知る日本人には、他国のマヨなどマヨネーズではない。
ぜんぜん違う、別商品です!

ですが、ここニュージーランドの入国時、食品税関検査は世界でも特に厳しい。
オーストラリアとニュージーランドの食品検査は厳しい…(泣)

そして一応、卵食品は持込禁止となっております。
でも、マヨネーズは取りこぼしをしてもらっていました。

『わかってます、卵食品は持込禁止!でもお許しくださいね!』
そんな税関職員との無言のアイコンタクト、それが許されていました。

それが、最近…
日本のマヨネーズ、全面的に持込禁止となったようです……(泣)
持ち込もうとすれば、自動的に取り上げ廃棄処分…

また、日本帰国中に余計マヨネーズ貯蓄を体内にしてしまいそうです…
そしてニュージーランド帰国後、「これはマヨじゃない!」と他国のマヨに文句を言うのですね(泣)

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント