旅の記録 ”鹿児島 2019 最終日”

-旅の記録

あっという間に最終日です。
今日は天気予報通り、昨日の雨とは打って変わって良いお天気です。

さて、今晩のフライトで神戸経由、大阪に帰ります。
その前に、That’s Kagoshima! をしっかり楽しみます。

でもあまりお時間もありませんので、こういう時はですね、日帰り観光バスツアーです(笑)
効率的にポイントをつつくには一番よい。

西郷隆盛銅像、鶴丸城跡地、西郷洞窟、そしてフェリーで桜島!
またフェリーで帰ってきてから仙厳園(磯庭園)に。

はい、これらすべて名前は知っておりました。
間違いなく普通より詳しく。

一昨年、国内旅行業務取扱管理者の国家試験勉強で、観光地理に必須だったポイントばかり。
知識としてだけでなく、今回は直に目にできるありがたさ。

正直、歴史にはあまり興味はないのですが、地理大好きな自分には何とも嬉しい経験です。

車窓から鶴丸城址まわりをガイドさんの案内で見学。
その後、バスに乗ったまま桜島フェリーに。桜島の展望台や見どころをまわって再びフェリーで鹿児島市街に。
そして最後の目的地は島津斉彬公で有名な仙厳園です。

この頃には天気も晴天となり、仙厳園の庭園からは見事な桜島を望むことができました。すばらしかったです。

仙厳園の綺麗な庭園、美味しい地元名産品(写真のぢゃんぼ餅、最高でした。)、薩摩切子、尚古集成館、薩摩切子の工場見学など。
ですが、ここでの滞在時間が40分しかない…
まったく足りない。いかん!ツアー終わってまた戻るのも時間ロス。。

ということで、ツアコンなら誰でも知る裏技!「途中離団」です。ここでツアーから離れる宣言。
バスにもどって、添乗員さんとドライバーさんにその旨をお願いして難なく笑顔でOKいただく!

ツアーを離れて、いつもの1人になり、時間を気にすることなく、ゆっくりと見学です。
製造業好きに大きな憧れがある自分には、薩摩切子工場見学は何とも楽しかったです。
若い方も多く働いておられました。何とも羨ましい。

さぁ満足!ということで、市営バスで天文館にもどり、お土産を買い、仕上げです。

お腹すきました。いいえ空かせました。
今回の鹿児島グルメ計画はこれでミッション・コンプリート。
贅沢だけど、明日からまた納豆とサラダ食べて生きます。
だから、今日は後悔残すことなく食べましょう!
次回食べられるのは、いつの日か…(泣)

うなぎです。「うなぎの末よし」
どうですか~ 美味しそうな写真でしょ!

いやはや、想像以上の美味しさ。
さすがに天神橋商店街のワンコインうなぎとは違う!(それはそれで意義あるんですが)
今まで食べた鰻の中でもトップクラス、もしかしたら最高!?

うなぎとご飯が別に盛られる。うなぎは蒸された後に炭火で焼かれよい香り。
これを食べることができただけでも鹿児島に来た意味があるというものよ。
ごちそうさまでした。ありがたや。

ホテルに預けられた荷物を受け取り、爆睡のバスで鹿児島空港。
神戸空港への離陸は経験したことがないほどの衝撃がありましたが、無事でございました。

〈今回のグルメ・ベスト3〉
1位 「うなぎの末よし」 うな重 (松)
2位 「大安(だいやす)」 とり刺
3位 「ラーメン小金治」 ラーメン

〈今回の鹿児島にて思ったこと。〉
本当に顔が濃い人が多い。
男性は西郷ドンぽい顔の人がいっぱい。
女性は色白で南国を感じる顔立ちの美人さんが。

自分のような、どうしたって北から来ただろう、モンゴル系のブサ顔とはまったく違う。
恐ろしき遺伝子の働きよ…

〈次回の鹿児島案〉
まず空港から霧島に向かい、砂風呂!霧島で1泊。
翌日に鹿児島市街に移動。うなぎとラーメンを食べる。
そして宮崎に行ってみようぞ。高千穂峡もまだ行っていない。

北にばかり縁がある自分も、生きているうちに日本の南をもっと歩かねば。

ここまで読んでいただけた方(はたしていらっしゃるのでしょうか?)貴重な存在です。
きっと遺伝子にも良い影響がでることでしょう(笑)

ありがとうございました。

鹿児島 2019 〈完〉

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント

  1. 高千穂峡は 学生時代に 行きました。
    とても 神秘的な場所で 良かったです。
    次回は 是非 訪れて また 感想をお聞かせください。

    0