ニュージー・グルメ情報 第23弾 「ハンバーガー」

- ニュージー・グルメ情報
+6

ロックダウン状態のニュージーランドからお届けします。
こんなご時世に… なんて声も聞こえてきそう。
ですが、私のブログでは世間に何の影響もありませんので、気にすることなくいきます。

通常ならいつでも食べることができる、というのに、現実は年に数回ほどしか食べない。
それが、「ハンバーガー」!

現在のニュージーランドは、エッセンシャル(不可欠)なお店しか開いていません。
ハンバーガー屋さんなんて、真逆をいくお店ですよね。

 

アメリカのキッチン、マクド(マックとは言わない)なんて車で3分も走れば、いらっしゃいませ~
なんて言われたことないけど…(笑)

 

でも、そうなると食べたくもなる…

仕方がない、写真と文章で紛らわそう!

ニュージーランドのハンバーガー屋さんも色々…

マック、間違えた、マクド(関西色の方が強い人間)です。
間違いなく日本よりも美味しい、そしてデッカイ!
トマトと固焼き目玉焼きを挟んだ、Kiwi Burger は、ニュージーランドでしか食べられず。
またスポット商品としては、LAMB Burger (ラム バーガー)も見かけます。
わたしは苦手ですが…(笑)
また
アンガス・ビーフを挟んだ、アンガス・バーガーは悔しいけど絶品です。

マクドに対抗するバーガーキング
バーキンですね。
日本進出と撤退を繰り返しているイメージしかありません。
ほぼほぼ行かない私。
ここ行くなら、” i’m lovin’ it “なんて文法をガン無視したスローガンの店に向かってしまう…

ボリュームで勝負的、2大大手を相手に苦戦するチェーン店。
黄色い星マークで知られるBurger Wisconsin と BurgerFuel の2つ。
日本人には大きすぎて、1日分のお食事が終わってしまいます。

このようなチェーン店にいかずとも、フィッシュ&チップスの作りたてハンバーガーの方が美味しかったりします。
もちろん、以前にもブログでお話した『フィッシュバーガー』、美味しいフィッシュ&チップスがニュージーランドに点在です。
探してみてくださいね!

パブに行っても、豪華なレストランに行っても、メニューにはハンバーガーを見つけることができます。
バンズで挟まればそれはハンバーガー。
たまに、こんな上等なステーキ、わざわざハンバーガーにしなくても~
的なものもありますが、それは欧米文化の伝わるニュージーランドのこと。
そこは、食べづらくともお楽しみください!

ここまでの写真を見ていただければわかります。
ハンバーガーには大量のポテトが同伴。
ハンバーガーのカロリーが高いのではなく、問題はきっとポテトの量よ。
それは肉体も大きく育ってしまうのでご注意ください!

だいぶ、食のストレスも発散できたようでございます。
今日はここまで!

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント