学び と 資格 #12 「総合旅行業務取扱管理者 4」

学び と 資格
4+

前回の「総合旅行業務取扱管理者 3」
(以下、総合管理者)
なぜに「総合管理者」の国家試験が「国内管理者」に比べて難しいのか。
そして、少し国家試験の内容もご紹介しました。

さて、2018年7月には、「総合管理者」の国家試験手続きも完了です。
日本の銀行で受験料の振込手続きをしていると、女性行員さんから、
「国家試験、頑張って下さい!」
と、「合格祈願」の入った鉛筆をいただいたことを覚えています。

そして9月を迎えると、無事に受験票も手元に届きました。
ではありませんでした。
日本の本拠地であるマンションのポストに届いていることを、確認してもらいました。

今回は人生で3回目の国家試験となります。

初回、「柔道整復師試験」の受験会場は、
関西大学 天六校舎(現在は廃止されてありません。)

2回目、「国内旅行業務取扱管理者試験」は、
関西大学 千里山キャンパス。

そう、過去2回ともに、とっても馴染み深い会場。
それは、そうだ、母校なんだから。

3回目となる今回の、「総合旅行業務取扱管理者試験」の試験会場は、
大阪市立大学 杉本キャンパス

何の関係もなさそうですが、私には因縁深き大学です。
私は偏差値などまったく気にせず、大学受験をしました。
そして高校がある名古屋でもなく、東京でもない。
大阪の大学に行きたい。
それも関西大学に行きたかったんです。
(出身高校では前代未聞 笑)
そのへんのお話は、以前のブログにて。。

なので、私は国公立大学を関西大学の滑り止めに考えていました。
この時点で、変わった高校3年生…

大阪の国公立となれば、
国立の○○大学があります。
これを滑り止めとは、あまりにも失礼極まりない(笑)

それなら公立の大阪市立大学 法学部なら良いのでは?
もし関西大学が不合格でも、大阪市大なら行けるだろう!
と、まぁ、なんとも失礼極まりない受験生(笑)
それでも出身高校から大阪市立大学を受験する学生は、医学部以外ほぼいない。
そんな異常な高校出身なのだから仕方がない!?

だが私は嬉しいことに、国公立大学試験より先に、関西大学法学部に合格。
(私以外は誰も喜んでいなかったのですが。。)
大阪市立大学法学部を受験時には、私の心は関大に行くことで決まっていました。

ここからは、もう時効ということでお許しを。
大阪市立大学の受験中、それも英語のテスト時間でした。
よく覚えているんです、あの時の心の声を…

「いかんな~ このままいくと、大阪市大に合格してしまいそうな気配…」
「そうなると常識的には、関大行くことが難しくなるやん…」
「親や学校を説得するのも面倒!よしこうなったら…!!」

って、ことで英語のテストをほぼ白紙で提出した親不孝がここにいます(笑)

無事に大阪市立大学を不合格。
もちろん不合格時は残念そうに、そしてアホポンでごめんなさい顔をしました。

そんなこんなで大阪市大の杉本キャンパスには二度と来ることはないと思っていました。
ですが、何の因果かまた行かねばなりません。。

あの時のバチがあたるかも…
そんな思いの国家試験前でございました。。

こうして2018年10月14日(日)を迎えることになります。

私としては、2年連続の国家試験受験。
もう頭ん中は、はち切れそう。

海外観光地理だけでも、とんでもなく訓練と記憶を繰り返しました。
海外航空運賃計算だって、過去10年以上の国家試験問題を何度と練習しました。
世界遺産だって、ほとんどすべてを覚えたかと思います。
旅行業法や約款の勉強は、ほんの少しだけ見直しただけでしたが…(笑)

「国内管理者」に続いての受験なので、日本国内も世界各国の地理も、大学受験時よりも出来上がっていました。

さぁ、いざ 国家試験当日!
懐かしき大阪市立大学に向かいましょう。

いい歳こいてましたが、専門学校生や大学生を相手に勝負でございます。
いいえ、自分との闘いですね!(笑)

つづく

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント