ニュージー 総選挙前 投票案内届く!

ニュージーランド情報
5+

日本でアメリカの選挙ニュースをTVで観ていると…
「日本の選挙とは大違いだな~」
そんなことを思ったことはないでしょうか…

ということで、今回はニュージーランドの選挙のお話。
といっても、面倒な難しいお話はいつも通りにありません。
ここまでは、ブログの題材にするための前置きでした(笑)

10月17日、ニュージーランドでは総選挙があります。
今回の選挙についてのお話は、すでに7月の段階で一度しております。
こちらのブログで、詳しく今回の選挙について説明しています。
2分あったら読めるので、そちらもどうぞ。

9月の予定だった総選挙が、コロナの影響で10月17日に延期となったのです。
そして、総選挙前に、今回の選挙についての案内が届きました。

封筒の中には、まず「Easy Vote Card」という、紙製のカードがあります。
「これを当日の投票所入口で見せたら、スムーズに投票に進めますよ。
カードを持参しなくても投票はできるけど、待ち時間ができますよ!」

カードには名刺のように、私の名前がしっかり印刷されています。
あら、とってもご親切でございます。
忘れずに投票所へ持参しましょう!

 

そして投票所での投票の仕方を説明がある小冊子。
この小冊子、まず表紙、そしてすべての説明が英語、そしてマオリ語で書かれています。
ニュージーランドの公用語は2つ、英語とマオリ語。

もちろんマオリ語を読むことはできません。
いや、読むことはできるかも?
なんせ、母音が日本語と同じ「あいうえお」
なので、日本式のローマ字読みでほとんど大丈夫!

でも意味はまったくわかりません。
それでもニュージーランドに住めば、公共の標識や看板などにも多くのマオリ語。
地名などにもマオリ語が非常に多いので、この国に住めば慣れたものです。

今回の総選挙の焦点は、これまでのコロナ対策、そしてこれからのコロナ対策…
さてさてどうなるのでしょうか…

そして選挙と一緒に、2つの国民投票が行われます。
その説明も以前のブログで。

ただただ、今回の小冊子で学んだこと。

Referendum : 国民投票
リィフェリェンダァムゥ
(R も F も含む正しい発音、大人の日本人には無理!笑)

こうしてまたひとつ、「日常生活で覚える英単語!」
で、ございました。

ニュージーランド国籍も持たない日本人。
そんな自分にもいただける投票権です。
投票には必ず行きましょう!

ニューランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント