さんぽ&サングラス

その日の日記
6+

8連勝あと7連敗中……
この人生をドラゴンズファンとして生きていると、それでも落ち込めない。

連勝中の方が、なぜか落ち着かない。。
この後に悪いことがあるのではないか、ここで喜んではいかん!
疑心暗鬼でいないとなぜか居心地悪いファンというのも、いかがなものか(泣笑)

最近バタバタバタしています。
時間の隙間に行く愛犬との散歩先は、羊さんも戯れる小高い丘。
少しでも落ち着きたい時の選択結果です。

2日として同じ場所に散歩先を選ぶことはありません。
私もせんも(よう知らんけど、)飽きてしまうので。

ですが、今日は昨日と同じ場所に向かいました。
理由があります。
それは昨日の散歩中、丘の中腹でオーバー・サングラス(メガネの上から着用)を落としてしまいました。
丘といえども、それは広いのです。
羊さんも走りまわることができるのは当然。

サングラスのない日常も仕事も考えられません。
たとえば南島ツアー中にサングラスを紛失し、1週間2500Kmのドライブをもしすることがあるなら…
それはそれは眼へ負担も大きく、眼精疲労で辛い思いをしています。

そしてこんな性格(どんなんや?)なので、予備のサングラスは日本にて購入済み。
ですから、今回の紛失をしても予備を使えば無問題。

でも、でもだだっ広い丘といえども、もしかしたら落としたサングラスが見つかるかも!?

一縷の望みを『警察犬せん』に託して、現場に向かいます!!
「せん、これと同じサングラスを探せ!Go!」
と、誰もいないのをよいことに、ひとり芝居。

近くに羊さんがいる時には、犬を放し飼いにすることはご法度です。
入口のゲートにも、手書きでしっかり『羊いるから、リード絶対やで~!』とあります。
長いリードを首輪に付けて捜査は始まります。

せんは、捜査中ながら余裕の笑顔で走りまわり、おしっこしながら仕事を楽しんでいるもよう。
途中、捜査難航中の連絡をするために近寄り餌を要求。

正直途中からサングラスのことも忘れ、ポカポカ陽気の冬を歩きながら、
「まるで外国みたいやな~」
「外国やん!」
と相変わらずのひとりノリ突っ込み。

果報は忘れたころに。。
おっ、あったー!!

しっかり壊れることもなく落ちておりました!

まだまだ日常で、そして仕事中も一緒に働いてくれるようです。
『縁がある、縁がない…』

奇跡、偶然、諦め、失望、理不尽、不可思議…

事の理由を理解する努力をしようとも、埋めることのできない隙間を『縁』という言葉が補ってくれます。
何とも日本人らしさを感じる綺麗な言葉。

今回のサングラスにも、まだ『縁』があったようです。

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットにご相談です。

コメント