秋休み中の ニュージーランドは…

その日の日記
+7

のどかなネイピアの秋。
雨も少なく、日中の気温は17、18度ほど。
kiwi(ニュージーランド人)はまだまだ半袖Tシャツで十分過ごせる毎日。
ですがアジア人には、風に肌寒さを感じることもあるので、薄い上着が必要です。
それほど体温と体感温度には違いがあります。

今週、そして来週はスクールホリデー期間。
秋休み中でございます。

小中高大、ポリテク、専門学校、どこもお休みの季節です。
保育園などは別ですが。

ニュージーランドは13歳以下の子供を家で一人にしておくことはできません。
法律上、反すれば罰せられる。
「鍵っ子」という言葉はこの国にあるのでしょうか…

小学校の入学が5歳。
なのでスクールホリデー中となれば、5歳以上13歳以下の子供を持つ親は対応せねばなりません。

もちろん日本でいう学童保育的機関もないわけでもありません。
ですが、利用する人が多数派であることはまずありません。

ならなら、両親(シングルマザー、ファーザーは別)のどちらかが子供のお世話をする必要があります。

「そんなん、仕事を休んだらいいやん!」

私を含む日本人がこの意見を耳にすれば、やはり違和感を覚えてしまいます。
「子供がやすみだからって、仕事を休むなんて無理!」
「無茶、理不尽、費用かかってもなんとかしないと!」
「実家に預けようか…」

そのような感覚から対応せねばなりません。

それが赤道を越えて、南半球の底にある小国では意識も考え、価値観にも違いがおきます。
けっこう、普通に仕事を休む。
勤務時間を調整する。

もうひとつ、やはり日本人としてはまだまだスッキリしないかもしれないこと。
お休みするのは、お父さんであることも多い。
この表現はよろしくないですね。
お父さんがお休みをして子供の世話をすることは、まったく普通のこと。

公園や散歩道にはお父さん方もいっぱいです。
5歳以上ともいわず、日中に乳母車を押すお父さんの姿が気になるのは、私が日本人だからです。

先日お話をした「女男格差」も同じです。
ニュージーランドが進んでいるわけではきっとありません。

文化と価値観、意識の違いです。
けっして日本が世界に遅れているという意見には、さっぱり賛成しかねる私。

価値観、幸福感はさまざま。
色々あってよい。

日本だから、アメリカ、中国、ニュージーランドだから…
国別に表現することが時代遅れであるように思ってしまいます。

人それぞれ
日本人にも私のような基本線から脱落?
日本社会とはだいぶずれた人も存在する(笑)

秋の街を歩いていると、ついそんなことを考えてしまいます。
それも良いのか、悪いのか?

まぁ 秋空と海を眺めながら、まだ生きている。
それでよしとしましょうね(笑)

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント