ニュージーランド・タラナキ山をめざす旅 初日

-旅の記録

1日目

走行距離 287.7 Km
総走行距離 287.7 Km
天候 雨のち晴れ
宿泊地 Whanganui ・ ファンガヌイ

寒さ厳しい冬のネイピア。
天気予報では朝から晴れわたるはずが、まだ雨がしっかり残っております。
少し早起きをして、そそくさと旅立ちの準備を始める。
いつもなら昼前まで爆睡をする柴犬せんさん。
ですが、こやつはしっかり察知している…
「どっか行きはる!絶対に残されないように監視をせねば」

キャンパーバンに荷物の積み込みをする様子を、眠気眼ながらに見つめるせん。
ですが残念ながら今回はお留守番です。
天気もあまりよくなさそうで、散歩も満足に楽しめそうにないから、また次回ね。

雨降りの中、午前9時半に出発です。
冬のニュージーランド、雨降りを残念がっていては生きていけない。
それでも予報では今日、明日の2日間だけは、天気も回復傾向。
ここしかありません。

悪天候のドライブは、それほど苦手にしない。
雨、あられ、大雪、雷…
なんでもござれ!

雨降りだけなら楽勝で運転。
慣れに慣れたいつもの道。
羊、牛、馬…
牧草地の中を走ること、約100キロ。
その間、信号機はひとつもない道を走れば…

見事な虹とともに、晴れ間が広がってきました。
美しい虹の国、ニュージーランド。
天気の移り変わりが激しい地ならではの、ご褒美です。
良いことがありますように…

田舎道のホークスベイ地方を抜け、峠を越えるとそこは大きな街が。

Palmerston North
パーマストン・ノース
愛称は、パーミ

あら人が多いこと。
信号もいっぱいで少し緊張する田舎者(笑)

長距離バス利用時は、ここが大きなターミナル。
乗り換えのために必ずストップする街。
学生の街でもありますが、私にはそんな位置づけの街です。
今日は寄り道せずにスルー。
さらに1時間ほど走ると、今日の目的地に到着です。
およそ4時間のドライブでした。

Whanganui
ファンガヌイ

WHで始まるマオリ語の地名です。
あまりにも国内に多すぎるため、非常に混乱する地名のひとつ(笑)

マナワツ・ワンガヌイ地方の中心の都市。
2020年から21年への大晦日をこの街で過ごしました。
ですからおよそ7カ月ぶりの訪問。

前回は柴犬せんさんも一緒だったこともあり、あまり街をゆっくり観ることができませんでした。
ゆったり流れるマナワツ川のほとり。
アイサイト(観光案内所)も綺麗、おトイレを借りてと。

しばらく街の中心を歩きます。
ネイピアより少し上品かもしれない(笑)

時間はすでに2時、お腹も空いたので、車のバナナを…
それは少し寂しすぎる。。
あら、タイ料理の屋台を発見。
すべて5ドルでちょうどお昼によいサイズ。

選ぶタイ料理は、変わり映えせずともここは、パッタイ
平たい米麺を甘めの味付け、ナンプラーとピーナッツがきいてます。
食べている途中に思い出して急ぎ撮影です(笑)

ここはニュージーランドらしいチョイスをすべきでしたか?
いえいえ、好きな物を食べるんです(笑)

 

 

こうして街の散策と、ツアー業務のためにも知識のアップデートをして。
街の中心を離れ、海に向かうこと10分。
ビーチを目の前にしてから、今日の車中泊地に到着です。

 

フレンドリーなおばちゃんとチェックイン作業をして。
静かな芝生の上で停泊です。

今日は300㎞弱のドライブでした。
ニュージーランドの旅では平均的な距離移動。
南島のツアーでは、時にこの倍ほどを1日にドライブすることも…

今宵はパワーサイト、電源設備付のキャンプ地。
暖かくして車中泊です。
おやすみなさい zzz

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント