キャンパーバンに 壁面収納だ!#2

ニュージーランドでキャンピングカー
5+

前回#1 に続き、壁面収納を製作です。

ここでお話を簡単に進めていくために、私の詳細図面をもう一度。

どうです?
だんだんと収納棚の姿が見えてきました?

とまわりくどいことを書いている理由は、書き始めてもその先の文章が見えていないから(笑)
まぁ よい。
こういう時は写真の力を借りようではないか。

引き続き測った、木材切った、つなげた!
これをコツコツ面倒くさがらずに進めていくと、骨格ができあがる。
現実、その時間はほぼほぼ日本のラジオを聴きながらの作業。
そう、集中前回に必要な作業でもないので、オールナイトニッポンやらチョコナナナナイトを聴きながら。

よし、骨格はできあがってりました。
ここからは、2か所に扉を取り付ける作業。
扉の材料は、前回荷物棚を製作時の残り。
透明なアクリル板を使用します。

そして木製の球体取っ手は、これまたカーポート製作時の残り材料です。
できるかぎり、残り物使用で製作。

こうして扉の出来上がり。

さて来た!
塗装作業です。
お好きでない塗装、塗り塗りのお時間。

はい、今回も手抜き、いえ時間短縮です。
元々の車内壁のクリーム色に似たカラースプレーを購入(安売りで約$10)。
ヘアースプレーと同じように、プシュ~とスプレーを2度。
こうして塗装作業も出来上がりです。

よし、あとは車内の壁に装着するのみ。
ここでも残り材料と経験がものを言う。
壁に穴開け、そして登場します、「リベット・ナット」。
特集のようにブログでお話をした、最近しっかり経験を積んだ「リベット・ナット」

もう慣れたもの。
これまでしっかり失敗も踏んできたので、見事に壁に装着もできました。

ほぼすべての作業が、今までの経験を組み合わせただけの物。
骨組みだって、ほぼほぼ本棚製作と同じようなものです。
無駄な経験など何もありません。

あらまぁ、まさかこの壁が警察官と容疑者を分けていたとは思われない。
ニュージーランドに来て、すっかりおしゃれになったではないですか~

ここに物を収納しなければ製作した意味がありません。
オシャレ感をそのままに、何も収納しないわけにもいかない。

こうなれば、出来上がり早々に、キャンプサイトで車中泊に向かいましょう。
前回の天井に荷物棚ができあがれば、即車中泊をしてテストでした。

収納棚のテストです。
よし、車中泊に行ってみよう~

 

ニューランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント