穏やかな冬の日差し、ネイピア便り

その日の日記

気付けば8月、もうすぐお盆ですね。
って、NZ在住16年を過ぎてもさっぱり心は日本モード。
海を渡ろうともそれは変わりなく…

日本は40度を超える酷暑。
きっとサウナ状態であの湿気で呼吸もままならない、あの夏。

何度となく申し訳なく感じているのですが、こちらは冬のNZ。
南極近いNZとはいえ、北島で湾の奥に位置するネイピアが本拠地。

特に先週からは穏やかで過ごしやすい冬の空が続いています。

8月2日、午前11時の現在を天気予報で確認をすると…

お天気 晴れ時々曇り
気温14.8度
最高気温17度、最低気温10度
湿度58度

朝晩の冷え込みを感じるも、日中は暖かかったり…

アジア人と、欧米人やマオリとは体感温度がまったく違います。
冬であっても日差しがあればすぐに半袖短パン姿。
いくらポカポカの冬でも、こちとらご先祖さんからずっとアジアンである私は、ダウンジャケット姿。
遺伝子は小樽と飛騨高山だったりするし。
ズボン(言い方古い?)だって裏起毛?(笑)

市民憩いのビーチに行くと、はしゃいで泳いだりしているキウイ!
それを気持ちよさげに眺める柴犬せん。
NZの暑さでさえ苦手なせん。
冬はとっても居心地よさげで、毎日爆睡。
散歩に外出をすれば、帰宅拒否犬を存分に行使する。
芝生や砂浜に座り込み、さっぱり銅像の如く動かなくなるのです。
もしいきなり日本の酷暑に連れ込めば、絶対に生きていけないでしょう。

いやいや、柴犬せんだけでなく日本に誕生したこの私でさえも、無事でいる自信はもはやありません。
世界のどこでも生きていけるであろう、日本人としては最高レベルの適応力を要する私。
そんな私でさえも、日本の夏には近づけません。

湿気高すぎ、40度の夏。
そんな日本の夏は、もはや東南アジアよりも中近東よりも不快指数高いかも?

海を眺めながら柴犬せんの横に座り考えている罰当たりです…

みなさんにもお話しています。
ネイピアが良き天気であっても、ここから峠を越えて隣の地方に移動すると大雨だったりします。
当然、南島まで飛べば雪景色が広がります。
ご無沙汰をしているミルフォードサウンドに向かう道は、きっと別世界。
荒涼とした雪と氷の世界が待っているはずです。

そう、ここホークスベイ地方のネイピアはお天気でいえばNZのどこよりも恵まれています。
北島に位置する雨多きオークランドや、風の街ウェリントンとは比較になりません。

そんなネイピアがお待ちしています。
留学、ご旅行のお問合せはヨッテコット!

会社の宣伝でなくとも、素直に良いとこなんです(笑)

ニュージーランドライフをYouTube動画でお楽しみ下さい!
NZ-Shiba SEN チャンネル

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

▼ YouTube チャンネル登録はこちら ▼
https://bit.ly/3mirIbu

コメント