イースター・日曜は、サマータイム終了!

その日の日記
+4

(掲載している写真、これからの内容とはほぼ関係ありません。
ですが、撮影は今日のものばかりです。)

日本にいては経験することのないこの時。
長かったサマータイムが終了です。

これもニュージーランドに住むようになり15回目。
もしこの時期に日本滞在していたのなら幸せなこと。
日本の桜を愛でることができるのは、この上ない喜びでございます。
「女城主 直虎」を遅まきながら楽しんでいると、脳みそが戦国時代モード(笑)

正確には、日曜日の午前3時をもってサマータイムが終了です。
午前2時59分から午前3時へと時刻が変わる瞬間、また午前2時にもどり、時を刻む。
1時間戻るんですね。

なぜに面倒そうなことをするかと言えば、陽の長さを十分に活用するためです。
日本とは違い、ほぼ残業などすることはないニュージーランド。
もし午後5時の定時で帰宅をしても、日没は午後9時頃。
つまり4時間も明るい中で、BBQ、ゴルフ、サーフィンなどを楽しめます。
それによる経済効果を期待してのサマータイムです。

それに反して赤道を越えた地のEU(European Union)では、今年でサマータイムを取りやめる討論があるようです。

とっても個人的な理由です。
私もできることならサマータイムは止めていただきたい。
なぜなら日本との時差が4時間はツラいんです。

現在はコロナ下なので、状況は違います。
通常ですと、日本のみなさんが夕食を済ませて落ち着くのが午後6時以降。
時差4時間ですと、ニュージーランドの午後10時以降にメールなどのお問い合わせが多く届きます。

焦らずに翌日に返信をとも思いながら、やはり寝る前に終えてしまいたい。

ですから時差は少ない方が嬉しいんです。
もちろんプロ野球のナイターゲーム終了が1時間早まるんです。
それはそれは良いこと(笑)

昨日のように深夜1時半まで、ドラゴンズ戦をBGMにして応援。
それが9回2アウトからサヨナラマ負け…(泣)

悔しさで寝つきが悪く、サマータイム終了の午前3時をライブで過ごしてしまいました。
でもこれからは時差も3時間となり、ゲーム終了も早まります。

アホな日本人の都合は別にして…

ニュージーランド国民の多くが1時間の時差ボケ。
すぐそばに眠っている柴犬せんも同様に時差ボケの日曜日でした。

ニュージーランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント