ネイピア 全世帯に 収集専用ゴミ箱を配布

ニュージーランド情報
4+

あら珍しや、今回は真面目に少しだけニュージーランド情報。
ニュージーランドといえども、ここネイピア限定のお話です。
面白みにはしっかり欠けます。
ニュージーランドのゴミ回収もしっかりしてるのね!
そんな小さな「へ~」的なお話をどうぞ(笑)

日本が涼しくなれば、ここネイピアは暑ささえ感じる日差しの強さ。
そんな10月を直前にして、ネイピア市内では全世帯に専用のごみ箱。
ゴミ箱には、しっかり配布先の住所がシールされています。

ゴミ箱といっても、室内の家庭用ではありません。
屋外用、それもゴミ回収用のゴミ箱です。

高さは腰ほどにある緑に赤の蓋。
それが各世帯に1つ、無料で配布されたのです。

週1度、行政で回収される普通ゴミ。
10月からはこの専用ゴミ箱でなければ回収がされなくなったのです。

普通ゴミ以外のリサイクル・ゴミ(缶、瓶、段ボールなど)専用トレーは、すでに全世帯に配布済でした。
こちらも週1回の収集、3種類に分別、黒いトレーでゴミ出しです。
今回は普通ゴミの順番。

同じホークスベイ地方の隣町、ヘイスティングス。
ネイピアに先駆け、同じく全世帯で回収専用ゴミ箱の使用がスタートしていました。
そして10月の第一週、ついにネイピアでもスタート。

今までは黒いゴミ袋をスーパーなどで購入して、収集日に家の前に置いておく。
それが今日からは許されず、専用ゴミ箱を家の前、道の脇に置くことになります。
専用ゴミ箱以外は、ゴミ袋も含めて回収もされません。

それにしても、全世帯にしっかりしたゴミ箱が配布。
これだけでも相当の予算が使われているはず。
やるわな、ネイピア&ヘイスティングス。。
(それ以外の街については正確な情報もないのですが…)

ゴミ収集側としては、専用ゴミ箱になることにより大きなメリットがあるはず。
なによりも回収が楽になるのでは。

ゴミ収集のスタッフが、ゴミ袋を収集車に投げ込む作業がいらなくなります。
専用ゴミ箱内のゴミを収集車に滑り落とす、専用のマシン。
そんなマシンが収集車に装着されています。

ゴミ箱ごと持ち上げる、大きなスコップがグワ~ンと活躍。
中身のゴミだけを収集して、空のゴミ箱だけを残していくのです。

人口多く、マンションなどの集合住宅が多い日本では無理なことでしょう。
ホークスベイ地方の99%以上は一戸建てという住宅事情。
だからこそできる行政の活動ではあるのでしょう。

それでもやはり感心してしまう日本人です。
こういう税金の使い方は良いのではないでしょうか。

新品、赤い蓋のゴミ箱が、道端を望めば並ぶネイピアの10月第1週でした。

ニューランド留学は、ヨッテコット。お気軽にご相談を。
ニュージーランド現地ツアーも、ヨッテコットに相談です。

コメント